魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

「アダムとイブ」と「男女差別」と「男女区別」

f:id:arasukkiri:20181216163303j:plain


医学部の入試で男子受験生は加点、女子受験生は減点、が1部の大学であったとして今問題になっている。

「男尊女卑!」「男女差別!」という声が上がっているのである。

 

どうしてこのような男性優位になっているかと言うと、「医師というのは体力勝負な職であり男性が多くないと現場が成り立たない」という背景があるからなのだそうだ。

 

医師の西川史子先生のTVでのコメントを借りると

「上から採っていったら女性ばかりになってしまうんですよ。女の子のほうが優秀なんで。だから眼科医と皮膚科医だらけにになってしまうんですよ世の中が。重たい人の股関節脱臼を背負えるかといったら女性は無理なんですよ」

だそう。

 

私はこれに関して、医学部受験は体力・力を測定できるスポーツテストも受験項目に入れて足切り基準を作れば?って思うんだけど。

 

男女の得意とすべき部分に差があるとして、それが女性は知能、男性は身体なのであるならば、男性の強みも発揮できる試験も行われるのが本当の『男女平等』ではないかと。

 

まあ、1番の問題は『知らされずに』加点・減点が行われていたことなのでしょうが。

 

男女”差別”は男女の始まりから?

私の思い付く男女のスタートと言えば「アダムとイブ」である。

アダムとイヴ 語り継がれる「中心の神話」 (中公新書) [ 岡田温司 ]

価格:885円
(2018/12/16 15:57時点)

アダムとイブは旧約聖書の最初に書かれている物語です。

 

天地創造】の章より

  • 創造第一日目:何もない真っ暗な世界に、神は光を与え、天と地を創りました
  • 第二日目:大空を創りました
  • 第三日目:海と大地を創り、そこに草や樹を芽生えさせました
  • 第四日目:太陽と月、星を創りました
  • 第五日目:地上に動物と鳥を創りました
  • 第六日目:神は自分を模って男と女を創造しました
  • 第七日目:天地万物を完成させた神は安息し、第七の日を聖別し祝福しました

 

男の名をアダム、女の名をイブと言います。

 

二人は神に「絶対に食べてはいけないよ」と言われていた『知識の実』を食べてしまい、自分と相手は性別が違うのだと知ってしまうのです。

 

 

ここまでは知っている人も多いのではないでしょうか。

 

この物語には続きがあって、言い付けに背いた二人に神は罰を与えるのです。

アダムには「労働の苦痛を」、イブには「出産の苦痛を」

 

医学部問題もあって「男女平等って何だろう…?」って考えていたところだったので「ん?」と引っ掛かってしまったのです。

 

神様、男女差別してない…?

 

さて、これは差別でしょうか?それとも区別でしょうか?

私が思うに、神様は性別を「区別」して二人それぞれに本当に重い罰を科したのではないかと。

 

出産に耐えられるのは女性だけだとよく聞きます。男性は痛みに耐えられないそうなのです。

逆に労働はどうでしょう?男性は当たり前のように朝~夜まで何十年と働きます。これに耐え切れる女性は増えてきたとは言え現代でもとても少ないのではないでしょうか。

 

「マジ許せん…!」と一思いにサクッと殺してしまうのではなく、神はそれぞれに合った死なない程度の苦しみをじわりじわり…とずっと与え続けたのではないかと私は考えたワケです。(ちなみに「ユダヤの伝承」によると56人の子を産んだそうです)

 

医学部の男女平等問題から何故「アダムとイブ」に言及したか

男女平等から何故「アダムとイヴ」に言及したかというと、女性が出産に耐えられるように、男性が労働に耐えられるように、私は「性」による向き不向きは絶対に存在すると思うからです。

 

「性」による区別なしで男も女も関係なく働けるようになりましょう!というのが男女平等の世界であるならば、体力勝負の世界だと言われている医療現場で女性が少ないのは当然でしょう。

 

だって男性並みの力や体力がある女性なんてそうそう居ないんだから。

医療現場ではないけれど、男女平等?女性の数を増やしますね、はいこれで平等!というのはちょっと疑問を持っています。

 

それが通用する職と通用しない職があって、医療現場は後者でしょう。

知能やコミュニケーションがメインの職なら女性もガンガン主張していけば良いと思います。女性はコレらが得意とされているんだから。

 

ところで今キーボードをカタカタ叩いていて気が付いたんですが、この「男が!」「女が!」って大きすぎる枠組みで考えるのがそもそも差別意識なのかもしれませんね。

 

「女でも体力あります」「男でも繊細なことが得意です」って人が居るんだから、性別関係なく個人能力で判断してもらえる状況になるのが1番なのかもしれません。

となると医学部受験はスポーツテストがやっぱ必須になってくるんじゃないですかね?

 

てゆうか「体力が必要だ!」って主張するならそういう試験に切り替えていけば良いのに。男尊女卑うんぬんじゃなくて、試験方法がそもそも職に合ってないですよね。

 

(体力)がたくさん欲しいなら男優位の試験にして、それでも食い込んでくる女性がいたら取りますよで良いじゃない!ダメ?