魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

『ドッペルゲンガーはタイムスリップしてきた自分』説

f:id:arasukkiri:20181214054837j:plain

謎多き「ドッペルゲンガー」。

私はこのドッペルゲンガーの正体をタイムスリップしてきた未来の自分だと睨んでいます。

 

というのもドッペルゲンガーの情報を集めたら、「ドッペルゲンガー=自分」が1番納得できたのです。

 

ドッペルゲンガーの特徴

ドッペルゲンガー」って自分に瓜二つのイメージありませんか?

 

ドッペルゲンガーを題材にしたドラマで「お前昨日〇〇に居たよな?」みたいなシーンをよく観るので、瓜二つなんだと私は思っていました。

 

だけどこんな情報があるんですよ。

典型的なドッペルゲンガーは、

  • 目の前数十センチないし数メートルのところ、あるいは側方に、はっきりとした自分自身の像が見える
  • 全身像は少ない。顔、頭部、上半身などの部分像が多い
  • 自己像は自己自身の姿とかならずしも似ておらず、表情が異なったり、衣服が異なったり、さらには若かったり甚だしく老けて見えたりすることもある


その他の特徴として、

  • 周囲の人間と話をしない
  • 本人と関係のある場所に出現する

 引用:見たら死ぬ!?ドッペルゲンガーの謎 - NAVER まとめ

 

ドラマや漫画みたいに完全一致である必要はないようなのです。

 

『本人と関係のある場所に出現する』ということは、本人と接点がある人物か自分ということではないですか?

 

だってドッペルゲンガーが超偶然のソックリさんだったら、本人に関係のない場所に行ったっておかしくですよね。他人なんだから。でもそれが起きないということは他人じゃない。

 

瓜二つじゃないことから『呪い』説も否定できる

ドッペルゲンガーの1つの説としてある「入れ替わり」説を知っていますか?

幽霊とか呪いの類で、本人にソックリになってその人の人生を乗っ取っちゃうの。

 

でも上で紹介したドッペルゲンガーの特徴に「鏡のようにソックリではない」とありましたよね。つまり入れ替わったところで偽物だとバレバレだよってこと。

このことからドッペルゲンガーの用件は「体の乗っ取りではない」と考えられますね。

 

これらの情報をまとめると1番しっくりくるのが「ドッペルゲンガー=未来の自分」説がなんです。

 

有力情報をGETした

私のこの『ドッペルゲンガーはタイムスリップしてきた自分』説をより確信めいたものにする情報を見付けてしまいました。

 

ファウスト』で有名なゲーテは、公園の小道で馬に乗っていると、向こうから馬に乗ってやってくる彼自身を見ました。

その男はすぐに消えてしまいましたが、8年後、同じ小道を馬で出かけた時に、ゲーテはその時の服装が、8年前に出会った自分と、まったく同じ服装だったことに気づき驚きました。

 

ほらほらほら~~!タイムスリップ説濃厚!

問題はタイムスリップの仕組みなんだけどな~…ゲーテドッペルゲンガーに会っているってことはタイムマシンは未来技術ってワケじゃないのか。

 

ということで、ドッペルゲンガーの正体は自分なんじゃないか?っていうのが私の唱える説である。