魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

アニメ化が成功する乙女ゲームはどんな作品?

乙女ゲームを楽しむ皆さんは乙女ゲームのアニメ化って嬉しいですか?

私は正直、あまり好きじゃないです。

 

まずイケボやきゅんきゅんするシチュエーションはゲームで十分ですもん。

いくら「動画になってぬるぬる動くよ!」って言われてもスチル絵よりはガクっとイケメン度が下がっちゃう。

f:id:arasukkiri:20181212022526j:plain

この絵のクオリティで動くなら、是非とも観たい。

 

でも、それよりも「う~ん」って思うのが、ヒロインちゃん思わせぶりすぎ!ふらふらしすぎ!って描かれ方になっちゃうことなんですよね。ゲームでは一途なのにね。

 

確かにゲームは攻略キャラが複数人、用意されているけど…

f:id:arasukkiri:20181212025244j:plain

たった1クールの11~12話で、ゲームの対象キャラを全員トリコにする必要ないと思うの。ヒロインと誰か1人の男性のお話でも良くない?

 

推しキャラがモブ扱いだともやっとしちゃうものかなあ…?

 

▽画像の乙女ゲームは「吉原彼岸花」▽

吉原彼岸花 久遠の契り

価格:5,733円
(2018/12/12 05:31時点)

アニメでは乙女ゲームのゴールが描けない

乙女ゲームのゴールって何だと思います?

私は攻略キャラとの恋が成就することだと思うんですよね。だって乙女ゲームって恋愛シュミレーションゲームとほぼ同義よ?

 

でも、アニメ化では恋の成就は描けない。だって攻略キャラ全員が、ゲーム内ではそれぞれのルートのハッピーエンドで恋人になるんだから。

 

「攻略キャラ全員出さなきゃ」ってゲームプレイの乙女たちへの配慮の元、作られているアニメですよ?ヒロインが特定の誰が1人とくっついてしまうなんて出来るわけない。

 

〇〇君はド直球な優しさで、△△君は愛のある意地悪で、ヒロインちゃんもドキドキ!さあ、恋の行方は?…続きは「ゲーム」で!ってそんな最終回はやっぱモヤっとするでしょ~

 

思わせぶりな態度であんだけ掻き乱しといて誰ともくっつかんのかい!小悪魔通り越して悪魔やな、と。

 

乙女ゲームのアニメ化がイマイチなのは、恋愛メインの内容のくせにまず相手がハッキリしなくて、恋愛もうまくいくのかダメなのか結末が描かれずに終わるしかないから。

 

アニメ化も大成功した「うたの☆プリンスさま」

f:id:arasukkiri:20181212052239j:plain

だけど、乙女ゲーム全てがアニメ化するとイマイチなのか?と言われるとそうではありません。

「うたの☆プリンスさま」は何クールもアニメがあり、成功例と言っても良いのではないでしょうか。

 

「うたの☆プリンスさま」はアイドルの卵たち(後にアイドルになる)が、作曲家のヒロインとあーだこーだなる乙女ゲームです。

 

うたプリ」の上手かったところは、攻略キャタクター達が同じグループだというところ!(後々、先輩グループやライバル事務所のアイドルたちも攻略可能になりますが今は割愛。)

 

各々ヒロインちゃんに好意はあるものの「アイドルグループとしてテッペン取ろうぜ☆」という大きな目標を持っているのです。

アニメでは恋愛メインではなく、アイドルとして成功できるかどうかがメインとして取り扱われていました。

 

その結果「デビューできたよ!」「賞をもらったよ!」というストーリーを最終話にもってくることで、誰推しであっても「わーい\(^o^)/」って気持ちで終わることが出来たのです。

ちゃんと考えると恋愛面に関してはこれっぽっちも進んでないんですけどネ。

 

「何か分からんけど、キレイに終わったからそれで良し!」っていうのは『なぜ『ジブリ映画』は何度観ても飽きずに最後まで観れるのか?』の記事で紹介した「魔女の宅急便」で宮崎駿が使ったテクニックに似ている気もします。

 

…というわけで「アニメ化が成功する乙女ゲームはどんなゲーム?」は、キャラクターたちが共通する大きな目標や夢を持っている作品、といったところでしょうか。

 

乙女ゲームからアニメ化をするなら、ぜひそんな作品を。

 

でもまあ、ちょっと人気が出たらアニメ化したいという出版社側の気持ちはわからんではない。だってオフィシャルストアを見てたら「うたプリ」のグッズ展開すごいですもんね。

■「うたプリ」グッズを見る⇒【ブロッコリーオフィシャルストア