魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

物が少ない暮らしを身に付けるなら「日割り計算」思考が最強

f:id:arasukkiri:20181121150730j:plain

どうも、そこそこ少ない物で生きている、はち(8)です。

 

かつては物持ちだったので、ついつい物を増やしてしまう気持ちもわかります。

セールで買えたら定価との差額分が得できたような気になるんですよね。

 

物を減らしたくなって断捨離を始めるのですが、まずショックだったのが「私、安い物しか持ってないな、セール品だらけやな」ってこと。

 

半分の数でも十分やっていけたのに…って惨状に、数を減らせば値段を上げても今よりお金は全然残っていたはずなのだとやっと気が付いたのです。

 

▽本当に豊かで、満ち足りた生活とは?▽

より少ない生き方 ものを手放して豊かになる [ ジョシュア・ベッカー ]

価格:1,620円
(2018/11/21 16:52時点)

 

本当の「得」を考える

f:id:arasukkiri:20181121153617j:plain

 

安くなっていたからと言っても全然使わなければ、それはお得だったとは言えませんよね。

 

「日割り計算」という考え方があります。

仕事で使えるようなシンプルな10万円の腕時計を購入したとします。

3年間毎日つければ、1日あたりの使用料はたったの100円なのです。

 

こんな風に1日あたり(1回あたり)の金額で換算することを「日割り計算」と言います。

 

日割り計算をメインに考えると、たくさん活用して1回あたりの金額を下げることこそが「お得」になります。

 

この考えは時計などの毎日使う物だけでなく、「服」にも応用できます。

だって私がその考えでゴッソリ服を断捨離できたんですから\(^o^)/

 

良い服をたくさん着る。そうして断捨離は成功した

f:id:arasukkiri:20181121163937j:plain

画像:https://oggi.jp/25547

 

気に入った服は「これでもか…!」ってぐらいヘビロテします。

シンプルが好きなので着回しやすいっていうのもあるとは思いますけどね。

 

1つ1つの服の使用頻度が上がると、服をたくさん持っていても多くの服は出番がやってこないのです。

 

着ない服はただの布と化すので、スペースも無駄だし心置きなく断捨離。

 

カバンも同様に考えて、いっぱい持っていたけどほとんど手離しちゃいました。

だけど残ったカバンは当然お気に入りだし、ケアもして大事に大事にしてるよ。

 

捨てる時は「もったいない…(´;ω;`)と思いましたが、あの時、心を鬼にして良かったです。

 

服もカバンも数は多くありませんが、使用頻度が高く足りているので新しい物を次々と買うことがありません。

 

少しお高いブランドに手を出しても、買う枚数が少ないので結果的に被服費はかつてよりも全然少なくなりました。

 

当然ですよね。

手頃な服をいっぱい持つより、高い服を10回でも20回でも着る方がコスパ良いんだもん。

 

良い服を着ているのに、お金も余っているなんて\(^o^)/

 

ヘビロテした服は朽ちるまで着るか飽きたら、心置きなくサヨナラします。(最近の服が頑丈だから飽きる方が多いかも)

そしてまたお気に入りを見付けてヘビロテするのです。

 

「色んな服を着るより似合う服を着る」派の私だから出来ることかもしれませんが、日割り計算でコスパを考えるとたくさん着たくなって、その結果少ない枚数でも十分になりました。