魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

ずぼらミニマリスト、重要なことは「服の形」だけじゃなかった件

f:id:arasukkiri:20181105012845j:plain

どうも、ミニマリストになりたい、はち(8)です。

ズボラな私には手間がかかる服は向いてないのだとハッキリしました。

 

ミニマリストは定番の形の服を多く持っているかと思いますが、

定番の形だからと言ってたくさん活用できるとは限らない!

 

ミニマリスト+ずぼら】になると服の素材も学ばなければならなかったのですね…。

 

「手間が増えると使用頻度が下がる」法則

f:id:arasukkiri:20181105032228j:plain

私のワードローブの1つであるシャツ(綿100%)

形もオーソドックスだし、「めっちゃ活用するぞ!」って思っていたわけです。

 

ただ洗濯の度にシワシワになるのでアイロン必須なんですよね。

 

シワにならん干し方とか調べてマネてみたけどダメ。

結局、人様の前で着れるほどピシっとするにはアイロンが必要だったんです。

 

持っている服が少ないので1つのアイテムにつき、週に2~3回の頻度で使いたいと思っているんですけど、

つまりこれは、週に2~3回アイロンをかけることを意味します。

 

私からすると超絶面倒くさい!

 

「これ着るとアイロンしなアカンしな~、やめとこ。」

「アイロンは休日にやろう…今日は違う服にしよ」

 

段々と着るのを避けるように…!(だって面倒なんだもん)

 

というわけでこのシャツは断捨離するんですが、キレイなので売りに出すつもり。

アイロンして売りに持って行こうと思っているんだけど、今もシワシワなまま放置状態です。

これで最後なんだからサッとやっちゃえば良いんだけどね(はぁ~、面倒だよ)

 

私みたいな面倒くさがり屋は、服を着るための手間が増えると、せっかくオーソドックスな形を選んでも着なくなるのでご注意を。

 

一方で、シワになりにくいシャツはヘビロテ

f:id:arasukkiri:20181105020703j:plain

とろみシャツは、シワにならずにクローゼットに戻ってくるのですごい頻度で着てます。

 

ちなみにシワになりにくい素材は次の通り

 

とろみシャツが流行った時に

「値段は天然繊維のアイテムと変わらないのに、化学繊維のアイテムが流行るとかコスパ悪すぎ!」

ってオシャレさんサイドの意見を目にして「ひょえ~~」ってなった(笑)

 

こだわりがあるのは、それはそれで素晴らしいけど

私はオシャレにそんなに情熱がないので、楽チンに着て(手間が少なくて)キレイに見えるのが1番好ましいですね。

 

ちなみに、「化学繊維=安い素材」と言い切れるものではなく

安いイメージがあるポリエステルにもランクがあり、ハイランクのポリエステルはそりゃもう高級感バリバリだそうです。

 

海外ではポリエステルに安いイメージってあんまり持っていないんですって。

 

あと「ビスコース」という化学繊維は肌触り滑らかでテロンという質感をしているんですが、コチラは外国では高級下着に使われていたり。

 

▽日本でもお高めブランドに使用されることも▽

J.PRESS LADIES プロビスストライプ 袖ボリューム カットソー ジェイプレス カットソー【送料無料】

価格:14,040円
(2018/11/5 02:59時点)

J.PRESS LADIES ハイクリアジャージースキッパーネック カットソー ジェイプレス カットソー【送料無料】

価格:10,692円
(2018/11/5 03:00時点)

「化学繊維は安っぽい!」と思い込みで嫌煙せず、

化学繊維(混)の最大のメリットである【手間がいらない】を存分に生かした高品質に見えるアイテムを集めていきたいですね。

 

ひとまず、アイロン必須なシャツは私はヘビロテアイテムにできんかったわ。

たくさん使うつもりなら「面倒じゃない」って意外と大事よ。

 

手間が少ない服ほどたくさん着て、手間が増えると着なくなる。私はそんな女なの。