魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

「自己肯定感を高める方法」なんて難しいこと考えるのやめてみない?

f:id:arasukkiri:20181001033853j:plain

どうも、はち(8)です。

今日はちょっと真面目なお話「自己肯定感」についての記事を書くよー!

 

自己肯定感とは簡単に言うと「自分の存在を肯定してあげられる」ことです。

 

「自己肯定感」が低いと

  1. 自信が持てない
  2. 世間体を気にする
  3. 不安・不満を感じやすい

 

などの影響があり、自己肯定感が低い故に「生き辛さ」を感じている人も多いのです。

 

ポジティブな人にはピンとこないかもしれませんが、

 

「新しい事に挑戦する勇気が持てなかったり」

「人に良く思われてないのではとビクビクしたり」

「どれだけ備えても足りない気がしたり」

 

常に不安が胸に居座っているので、とてもしんどいのです。

 

よく言われる「自己肯定感を上げる方法」

やっぱり人生、楽しく生きていきたいので自己肯定感を高める方法を調べるじゃないですか。

 

すると多くのサイトや本では次のように書かれています。

■幼少期の親の愛情

■成功体験を積み重ねましょう

■褒め日記を付けましょう  etc...

 

「愛された」と実感できる幼少期がある人は、自己肯定感が高い傾向にあるそうです。

が!大人の私に今さら言ってもしゃーないやん?

 

2つ目、3つ目はもしかしたら自己肯定感を高めてくれるのかもしれません。

けど、そういうことじゃないんだよ…と個人的には思ったりします。

 

だって「頑張れたから私エライ」とか「私ってば可愛い」とか

結局は条件付きの「好き」だから自己肯定ではないよね?って感じます。

 

そんな「自己肯定感を高めて毎日を生きやすくしたい」と悩んでいる人に私から1つ提案します。

 

「自己肯定感うんぬん」つまり自己肯定感に関わることを考えるのを1度やめてみませんか?

 

「自己肯定感について考えるのをやめる」ってどういうこと?

f:id:arasukkiri:20181001042546j:plain

 

「生き辛さの原因=自己肯定感の低さ」ってわかってるのに考えないってどういうことやー!って思われちゃうかもしれません。

 

ここまで読んできて気付く人もいるかもしれませんが、私も自己肯定感の低さで悩んでいる側の人間です。

 

そんな私が、ネットで見つけた1つの言葉に自分でもビックリするぐらい素直に納得できたんです。

 

できることをして

⇒あなた楽しい!

⇒周りも楽しい!

⇒それで良くない?

 

あくまで「私」が納得できただけなので、誰もがピンとくることではないのかもしれません。

 

でも私は自己肯定感について難しいことを考えていた時より、単純なこの言葉に「その通りだ」って納得できたんです。

 

もっと単純で良かったんだ…って感じた時に、過去に「ネガティブ」について調べた時に知ったことに共通する部分が多いと思いました。

 

マイナス思考の正体は考えすぎ

arasukkiri.hatenablog.com

 

マイナス思考やネガティブの正体は考えすぎによる被害妄想だと言う人もいます。

 

■失敗したらどうしよう…

■もしかしたら嫌われたかもしれない…

■自分なんて…

 

どうです?自己肯定感の低い人の考え方にソックリじゃありませんか?

「自己肯定感が低いなあ」って感じている人は日常的に考えすぎなのかもしれません。

 

私がそうだったんですけど、「自己肯定感を調べる方法」を検索したって楽しい気持ちにはこれっぽっちもなれませんでした。

 

不安を感じやすくてアレコレ考え過ぎちゃう私たちは、もっと単純にできることをやってたら自分が楽しくて、なんか周りも助かったぽいからオールオッケ~!」ぐらいで良いのかも。

 

そして最後に1つだけ。

ネガティブもマイナス思考もそれに似ている自己肯定感の低さも、自分の足りないことを認識できて、埋める努力をできるというメリットの一面も持ち合わせています。

 

「自信満々じゃない人生=ダメな人生」ってことは絶対ありません。

むしろそんなところも肯定していこう!

 

では、素晴らしき人生を。