魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

1ランク上の美肌へ。赤ちゃん肌になるスキンケアとは?

f:id:arasukkiri:20180903015804j:plain

赤ちゃんのような、ふわっともちっとぷるんとした肌に戻りたいとは思いませんか?

 

日焼け対策をしたり、化粧水にお金をかけたり、食べ物に気を使ってみたり…

赤ちゃんのときよりも圧倒的に肌に気を使っているしているはずなのに、大人になった私の肌は硬そうなのです。

 

ふわふわで柔らかく透明感のある、赤ちゃんのような肌、欲しくありませんか?

赤ちゃんの肌と大人の肌の違いは何なのか?

そこに大人女子が羨む美肌になるヒントが隠されていたのです…!

赤ちゃん肌と大人肌の大きな違いは?

赤ちゃんと大人の違いはどんなところにあると思いますか?

 

穢れをしらない純粋な心じゃない…?

 

肌のセラミドが大きく違います。

でも実は「純粋な心」も大間違いではありません。これはあとで説明しますね。

 

実は赤ちゃんの肌というのは生涯のなかでもセラミド量がピークなんです。

セラミドがたっぷりな肌というのはこんな特徴があります。

  1. 水分たっぷりふっくらぷるぷる肌!
  2. ニキビや傷がすぐ治る!※1
  3. そもそも肌荒れしにくい!※2
  4. 色白!※3

セラミドを補うと得られる効果 

※1皮膚細胞の再生を促進・肌荒れの改善 ※2 肌のバリア機能の向上※3 メラニン抑制などの美白作用

 

どうでしょう?いわゆる美肌の条件そのまんまではありませんか?

 

赤ちゃんが白くてもっちりした肌をしているのは、たっぷりのセラミドが肌のコンディションを最高に良い状態でキープしてくれるからなんですよ。

 

補給をしなければセラミドは減る一方である

美肌に欠かせない『セラミド』ですが、実は補給をしなければ減っていく一方なんです。

 

何も肌に悪い事をしなくても、悲しいことに年齢と共にセラミドは減少していきます。

アラサーになると肌が乾燥したり、肌の不調が長引いたりと「お肌の曲がり角」を感じる人も多いですよね。

これはセラミドの量が減ってきたことが大きく影響しているのは間違いないと言われているんです。

 

アラサーになって肌の不調を感じて、成分もわからずお高い化粧水や美容液に手を出す人がいますが、アナタが摂取すべきは「セラミド」なのです。

 

▼1コインでお試し!セラミド美容液▼

 

日常生活でも気を付けるべきこと

加齢だけでなく、日常生活でもセラミドが減ってしまう行為があります。

セラミド」は美肌に必須なので出来る限り改善して、セラミドの減少を食い止めましょう。

1.クレンジング

毎日のクレンジングもセラミドを減少させてしまう大きな一因です。

  1. 皮膚を擦って角質層を削ってしまうから
  2. 脱脂力が強い成分がセラミドを溶かしてしまうから

 

肌をゴシゴシ洗うと、肌はダメージを防ごうとします。その時にセラミドがバリア機能として消費されてしまいます。

 

それから皮脂までゴッソリ落としてしまうようなクレンジング力の強すぎるメイク落としもNGです。

クレンジングはメイクの油分を落とすために行うものですが、セラミドも脂なのでメイクと一緒に落ちてしまうんです。

 

セラミドのことを考えるとクレンジングをしないのが1番です。だけどメイクをする女性としては「それはちょっと…」って思いますよね。

 

せめてクレンジングは刺激の少ないクリームタイプや水性ジェルタイプの物を使うようにしましょう。

セラミドを持っていかれるのが0にはなりませんが、マシにはなります。

 

関連記事

 

▼クリームタイプのクレンジング▼

ミノン アミノモイスト モイストミルキィ クレンジング(100g)【MINON(ミノン)】[ミノン アミノモイスト クレンジング ミルク]

価格:1,617円
(2018/9/3 04:25時点)

ストレスでもセラミドは減ってしまう

「ストレスから解放された瞬間、肌もぷりぷりになりました!」なんて報告を聞いたことはないでしょうか?

ストレスもセラミドと密接に関わっています。

 

実はストレスを感じるとセラミダーゼと呼ばれる酵素が体の中で発生するんです。

このセラミダーゼ、なんとセラミドを分解してしまう力を持っています。

 

ストレスで心がボロボロになるとお肌もボロボロになる、というのは実は理にかなっているんですよ。

 

ストレス解消方法を見付けてリラックスできる習慣を作ることが大切です。(だけどこれが一番難しいよね)

 

まとめ

赤ちゃん肌になる条件は『セラミド』を増やすことです。

 

だけど『セラミド』は減る一方なのです。

  1. 大人になるにつれて減り(加齢)
  2. メイクを覚えて減り(クレンジング)
  3. 社会に揉まれて減ます(ストレス)

 

まずはクレンジングやストレス対策をして、セラミドの減少量を減らすことが大事です。

そして、足りない分は外からガンガン補給しましょう。

 

セラミドがばっちり補給されれば、触りたくなるような白くてフワっとした赤ちゃんのようなお肌はすぐそこです。

 

 『セラミド』がお安く試せるトライアルセットもたくさんありますよ。

 

「化粧水がまだ余ってるよ~~」って人はピュアセラ美容オイル が1コインでセラミド美容液を試せるのでお財布にも優しくてオススメです。