魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

カツオ(41)が実家を片付ける。親が死ぬ前に読むべき本だった

f:id:arasukkiri:20180827190225j:plain

こんな仲睦まじい磯野家から30年後のお話。

波平が予期せぬ事故でポクッと逝ってしまった。

 

波平が急死したことによって起きる「遺品整理・相続・片付け」

 

誰がどのように行動するのが正解?

生前に何をしていればもっとスムーズにできた?

 

日本一有名な家族から学ぶ「高齢親の住む実家の片づけ」本!

 

広い家に高齢夫婦2人

f:id:arasukkiri:20180827192020j:plain

家に若い力(子供たち)がずっと居てくれることなんて、ほとんどありません。

子供たちは大人になると家を出て自活をしたり、自分の家庭を持ったりします。

 

磯野家も例外ではありません。

  • 長男カツオ(41):仕事で地方勤務に。家を出て一人暮らし
  • 長女サザエ(54):マイホームを購入。実家出ている。仕事アリ
  • 次女ワカメ(39):既に家庭持ち。子育て・義実家の介護・仕事に奔走

 

子供たちが巣立ち、波平(84)・フネ(80)と高齢の2人で広い家に住んでいました。

だんだんと掃除や片付けが行き届かなくなっていく2人。

そんなある日、波平が急死してしまったのです。

 

さあ、こんな状況で誰が実家の片づけに乗り出しましょう?

みんな仕事があります。娘2人はもう一つ実家があります。

ちなみにマスオさんは実家(遠方)の介護で家を空けがち。タラちゃん(33)は留学中で男手にも期待できない。

 

長男:カツオが戻ってくる

憔悴したフネの代わりに手続きをしてあげようと実家に帰ってきたカツオは家の現状を目にしてショックを受けることになります。

f:id:arasukkiri:20180827195246j:plain

※画像の男性はカツオではありません。

「ご、ごみ屋敷になっとる~~…!!」

 

整理上手な親ほどため上手になる。

これは真理。

物を処分しなくてもやってこれちゃったワケだからね。

整理整頓をきちっとする体力・気力がなくなった時に捨て方をしらないからゴミ屋敷になっちゃう人が多いんだって。

 

あと高齢になると、年金暮らしになって入ってくるお金が減るから、より「いざという時必要な物がなかったらどうしよう(だから捨てられない)」みたいな感情を抱きやすいのかな。

 

私のおばあちゃんもすごい物持ちさんだし。良い物ほど「もったいない」って使いたがらないんだよな~。 

 

大変!必要な物が見つからない!

実は泥棒に何度も入られた過去を持つ磯野家。

警戒心から波平は大事な物を見つからない場所にしまい込むようになっていた。

 

ピンポンしなくてもサブちゃんが入ってこれるお家だったからね…

f:id:arasukkiri:20180827201133j:plain

老夫婦しかいないお家だと目を付けられちゃってたのかも。

 

波平が急死してしまって必要になる通帳関連の物や、生命保険の証明書やハンコが見つからない…!

 

あと、これは本とは関係ないところで聞いたんですけど

葬式に呼んで欲しい人、死を連絡して欲しい人の住所がわかんなくて困った

って教えてもらったことがあります。

 

親が高齢になったら、貴重品の有無や書類の存在・保存場所・連絡相手 etc...を話し合っておかなければいけないなあと思わされます。

 

遺産相続も複雑!

「プラスの財産なら相続して、マイナスの財産なら相続を放棄すればイイヨ!」

って良く聞きますが、『相続』に関しても知識がないと大変なことに!

 

例えば、波平に借金があったとして
  1. 良かれと思って波平の物を処分する
  2. その中に資産価値のある物がまぎれていた
  3. 価値のある物を相続し、自分の意思で処分したことになる
  4. よって相続の放棄ができなくなる
  5. 波平の借金を背負うことに…!

 

これめっちゃ怖くないですか?

こんな感じで相続についても学ぶことができます。

 

あとモメるであろう、遺産の分配の考え方とかね。

住む人がいなくなったら家はどうするべきなのか、とか。

 

本を通して一貫して思うのが「故人は死ぬ前にある程度、生前整理をしておいて欲しい」ということ。残された方は大変すぎるわ…。

 

子供の私が読んでも勉強になったけど、何より親に贈ってあげようと思った。

親もまた祖父母の子供だから。親の立場・子供の立場、両方わかる親はきっと本を読んで何かしら思うことがあるはず。

 

捨てたがらないフネ。どう説得する?

波平が死んでしまって、家を片付けなければいけないのに、捨てられないフネさん。

思い出がよみがえったり、寂しさが理由だったり、不安だったり・・・

 

どう説得するのが正解でしょうか?

まず大事なことはコミュニケーション!

 

物がたくさんあると危ないですよね。

地震のときに崩れてしまうかもしれません。何かの拍子にケガをしてしまうこともあるかも…。

 

それを伝えてあげましょう。

「全部捨てて欲しいんじゃないよ。安全に暮らしてほしいんだよ。」

これが伝わるだけで「捨ててみようかな」って思ってくれるはずです。

 

それでも物を目にしちゃうと捨てたがらない時もあるはず。

  • そんな時はどうしてあげれば良いのか?
  • そもそも何から片づければいいのか?
  • どんな声掛けが正解なのか?

捨てたがらない親世代と実家を片付けるヒントがたくさん書かれていました。

 

どの年代の人が読んでも役に立つ1冊です。オススメします。

ただ『カツオ(41) 独身』の字面がパンチありすぎた(笑)

カツオが磯野家を片づける日 後悔しない「親の家」片づけ入門 (SB新書) [ 渡部亜矢 ]

価格:864円
(2018/8/27 21:25時点)