魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

【保存版】とりあえず耳を揉んでおけ!美肌になる方法の全て

f:id:arasukkiri:20180805021117j:plain

女性なら誰でも「肌が綺麗になりたい」と思っているものです。

 

だって肌が綺麗なだけで清潔感はグンとアップするし、単純に可愛く見えるし、毎朝メイクのために鏡に向き合うたびに落ち込まなくてもいいから。

 

肌を綺麗にしたくてお高い化粧品を使う人もいますが、ナンセンスです。

高けりゃ良いってもんじゃない。必要な栄養・成分が少なければ意味ないんです。

 

化粧水は何を選べば良いの?良い洗顔ってどういうこと?必要なことって何?

私が知っている「美肌になれる方法」を全て放出します。

汚肌・美肌の最大の分かれ道は「洗顔

f:id:arasukkiri:20180805022653j:plain

メイクをする女性ならほぼ全員がするであろうメイク落とし。

クレンジングは油分(メイク)を落とすものなので界面活性剤が入っています。

 

そのため肌への負担がとても大きいんです。

クレンジングの時間が長かったり、刺激の強いモノを使っていると肌荒れの原因となります。

 

肌がガサガサしたり、毛穴が開いちゃったり…原因は洗顔にあります。

 

刺激の強さは次の通りです。

刺激(大)⇒刺激(小)

【拭き取りタイプ⇒オイル⇒泡・ミルク⇒水性ジェル・クリーム】

 

拭き取りタイプは特に最悪!”こする”って行為もダメだし、ウェット状の商品はカビないように防カビ剤などが使われています。

 

ゴシゴシするくらいならメイクが残っている方がマシ!

と言われるくらい肌が綺麗にならない影響力は洗顔が1番大きいです。

 

ゴシゴシするとその刺激でシミやシワを作ってしまうんです。

 

と、言っても「落とす」ことも大事なので、『低刺激+洗浄力』のクレンジングを買いましょう。

 

ただ刺激が小さくなるにつれて洗浄力も小さくなる(メイクを残しがち)というデメリットがあります。

 

そんな悩みを解消すべく刺激は小さく、洗浄力もそこそこという『クレンジングバーム』というものが誕生しました。

私は敏感肌用クレンジング という洗顔バームがオススメですがセルフューチャー洗顔バームの方がちょびっとだけ安いです。お好きなように!

 

洗顔不要でも必ず洗顔しましょう

「W洗顔不要です」というクレンジングはたくさんありますが、肌にのっかっているだけでクレンジングは刺激なんです。

必ず洗顔をしましょう。

この時に使うのはクレンジングじゃないですよ!

石鹸でも市販の洗顔でも何でも良いです。とにかく『メイク落とし』機能が付いてないやつです。

f:id:arasukkiri:20180805031802j:plain

牛乳石鹸みたいな安い石鹸でOK!

 

大事なのはココでもゴシゴシしないこと!

ふんわりたっぷりの泡を作って、泡で汚れを浮かして洗顔します。

 

洗顔が下手くそな人は手ぬぐいを活用するのもオススメ!

肌を傷つけないで肌表面の汚れだけを落としてくれる優れものアイテムです!

 

  • 正しい洗顔が身に付くと肌荒れを引き起こさなくなります。
  • ゴシゴシしないことで余計なシミやシワを作りません。
  • 毛穴問題の原因は洗顔にあるので、毛穴コンプレックスも解消します。

 

美肌になりたければ何よりもまず『洗顔』に力を入れましょう。 

 

紫外線は浴びないようにしよう!

「紫外線が肌に悪い!」というのは誰もが知っている事実です。

紫外線を浴びると肌が老化しちゃうんですよね。

 

紫外線を防ぐためにあなたが使っているものは何ですか?

f:id:arasukkiri:20180805035016j:plain

ここでは『日焼け止め』の選び方についてお話しようと思います。

 

日焼け止めを買う時に「とりあえず強い日焼け止め」を選んでいませんか?

 

「SPF50 PA++++」のように数値が大きくプラスが多い日焼け止めの方が紫外線を防ぐ効果が高いのは事実です。

 

ではこれを見て下さい。

f:id:arasukkiri:20180805035401j:plain

日焼け止めの強さと相応しいシチュエーションを表した図です。

実は日常生活ではそんなに強力な日焼け止めは必要ありません。

「SPF30 PA++(+)」で十分なんですよ。

 

ちなみに「SPF50 PA++++」の「非常に紫外線の強い場所」というのはスキーや長時間の登山などです。

 

でもでも!強くて損はしないじゃん?

「どうせだったら効果が強いモノを!」と考えてしまいますが、やっぱり効果が強いものっていうのは肌への刺激も強いんです。

 

さらに女性はメイクをするので『日焼け止め+ファンデーションのUVカット』になりますよね。

強い日焼け止めでなくても日常生活レベルなら十分紫外線を防ぐことができます。

 

紫外線が気になるなら「SPF50 PA++++」の日焼け止めを塗るよりは「SPF30 PA++(+)」を塗り直した方がよっぽど肌には優しいです。

 

あとはもう1つ「石鹸で落とせるタイプ」を選びましょう!

何度も言いますがクレンジングは肌に負担がかかるので、簡単に落とせるものが絶対にオススメ!

 

良いですか?手に入れる日焼け止めは「SPF30 PA++(+)」で石鹸で洗い流せるタイプですよ。

 

私はコレを使っていますが、日焼け止めなんてわざわざネットで買う必要ないですしね。近所で良さげなのを探してください。

熊野油脂 麗白 ハトムギ UVミルキージェル チューブタイプ 65g

価格:335円
(2018/8/5 04:11時点)

化粧水に頼るな!

f:id:arasukkiri:20180805041529j:plain

肌を綺麗にしたくて高い化粧水に頼っていませんか?

これでは根本的な解決にはなりません。

 

高い化粧水が無駄だとは言いません。表面はキレイになるでしょう。

でも肌は下からどんどん生まれ変わるんです。

化粧水でキレイになった肌は結局剥がれ落ちてしまいます。

 

「明日カレとデートなんだよね~」なんて時はめっちゃ有効ですよ!

でもそのキレイさは儚いのです。(´;ω;`)

結局は内側からキレイにするしかない!

生まれ変わってきた肌がキレイであるためには、やっぱり内側から整えていくしかないんです。

 

食事や睡眠がめっちゃ大事!

でも「規則正しい生活したってキレイになんないの!」って人もいるかもしれません。

そんな人に試して欲しいのが『毛細血管を増やす活動』です。

 

栄養は血管を通って運ばれます。

肌のように外部に近い部位には毛細血管がその役割を担ってくれているのですが、最近の女性は冷え症だったり、運動不足だったりで毛細血管がブチブチの人が多いんです。

 

毛細血管が健康でないと『肌に良いよ~』って言われる物を食べてもその栄養が肌に届いてくれないんです。

 

毛細血管を増やす方法は湯船につかったり、ストレッチなどの軽い運動をしたりとたくさんありますが、全部面倒くさいのでとりあえず耳でも揉んでおいてください。

arasukkiri.hatenablog.com

 

化粧水は『セラミド』がオススメ

高い化粧水はオススメしませんが、セラミド配合の化粧水は超オススメします。

 

セラミドの役割は2つです

  1. 肌に水分を保つ
  2. 外部の刺激から肌を守る

f:id:arasukkiri:20180805043408j:plain

セラミドは水分を保ってくれるので、肌がふっくら瑞々しくなります。

セラミドが十分足りているお肌は様々な刺激をシャットアウトするので、肌表面に潤いがありキメも細かく整っています。

引用:https://www.bibeaute.com/article/202771

 

セラミド化粧水を使えば、肌の内部までもっちもち!…までは上手くいきませんが外部から刺激を防いでくれるのでキレイな肌が育ちやすいです。

 

それと単純に、表面の肌は水分ばっちりなので瑞々しいキレイな肌に見えます。

 

米肌のお試しラインがすごく評判が良いので、セラミドを試してみたいならコレがオススメです。

 

「化粧水はまだいっぱいあるよ~」って人は美容液として取り入れるのもオススメ!

量は少ないけどピュアセラ美容オイルが試しやすい値段だから検討してみてね。(先着300名でさらに割引あり!)

 

■  米肌トライアルセットはこちら!

■『ピュアセラ美容オイル』公式サイト⇒【http://purecera.com 】