魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

日常に沿っているからグサっとくるし温かくもなる「プリンセスメゾン」【漫画】

f:id:arasukkiri:20180711233829j:plain

大人女性に「プリンセスメゾン」という漫画をぜひオススメしたい。

 

年収250万円・25歳の独身女性が家を買うお話です。

「うわ、夢物語。さすが漫画!」って思う?でもこれが結構シビアに描かれているんだな~。なのにどんどん読みたくなるから不思議です。

 

「将来のこと考えるのやだわ~~」って私は結構思っちゃうんだけど、この作品を読むとこの主人公みたいに自分のことをちゃんと見つめてみたくなる。

 

同じ作者(池辺葵さん)が描いている「繕い裁つ人」も以前紹介したことあるんですけど、この人の作品は期待・喜び・切なさ・不安が静かに突き刺さってきて胸がぎゅうってなる。

arasukkiri.hatenablog.com

 

独身だって自分の城を築いても良いよね

f:id:arasukkiri:20180712000259j:plain

家を買うっていうと家庭持ちだったり高所得の人っていうイメージが強いですが、主人公の沼ちゃんはどちらにも当てはまりません。

 

独身で年収は250万円ちょっと。

それでも理想の城を手に入れるために、ファミリーやカップルに混じってお部屋見学に足を運んでいるのです。

 

一人暮らしの経験がある人は初めて1人暮らしをした時に、部屋も玄関もトイレもお風呂も自分だけの物になった特別感を感じませんでしたか?

 

私はホームシックなど一切なく(笑)「ここが私の城だ―!」ってめっちゃ幸せだったことを思い出しました。

自分の家を手に入れるって特別な人しか無理なの?

やっぱり「独身で高収入じゃないなら家を買うなんて無理だよ…」って思いますよね。

私も家やマンションを買うのは家族がある人がすることだと無意識に思っていました。

 

作中にもそんな意見を述べる人が出てきます。

f:id:arasukkiri:20180712001619j:plain

「給料低い俺たちにはムリっすよ」って意見だったり

f:id:arasukkiri:20180712001712j:plain

「結婚したら無駄買いになるんじゃないかな?」とか。

 

沼ちゃんはこんな風に答えていました。

「両親とも40代で亡くなってますし、私だっていつまで生きられるかもわからないし、この先どうなるかわからないからむしろ今しかないって。いつくるかわからない日を待つよりは、今のベストをつかみたいんです」

 

将来のことも大事だけど、今の幸せも大事だよね。

 

色々調べたんですけど、賃貸の家賃よりも月々のローンの方が安くなることって全然あるんですよね。

もちろん「一生に一度の買い物だ!」って思うとあれも欲しい、これも欲しいで最終的にビックリ価格になってしまって月々の支払いも大きく…ってことも全然あるんだけど。

 

私が狙うならリノベーション中古マンションかな

マンションは「一旦誰かが住んだ時点で10%ほど価値は下がる」と言われています。

つまり新築で3000万円のお部屋でも、誰かが1日でも済めば次の日には2700万円まで価値が下がるのです。

 

その後は1年ごとに1%~2%ずつ価値が下がっていくそうです。

(参考:築5年、築10年と新築マンションとの価格差は? - 住まいる博士

 

もちろん価格が安く家が手に入るのも非常にありがたいですが、私が中古で良いかもって思うのはこんな理由があるからです。

 

「持ち家で老後に売ればいいや」って思ってたんだけど想像以上にお金にならなくて…みたいな話を聞いたことないですか?

 

 新築を買った場合はその価値が急激に下がることを念頭に置かなくてはいけません。

住んだだけで10%価値が下がるぐらいですから。

 

新築購入時・・・3000万

翌日・・・2700万

10年後・・・2206万※年2%下落で計算

20年後・・・1802万

 

実際はこんな単純な計算で資産価値は決まりませんが、新築⇒中古より中古⇒中古の方が価値の下落が少ないのは事実です。

 

こんな理由で私は中古推し。

買う予定なくても、不動産のサイトを見ているだけでも勉強になりますよ。

 

リノベーション実例を見ているだけでワクワクします⇒あなたに合わせてお家が変わる。リノベーションならLOHASstudio

 

家を買うって苦痛じゃなくてワクワクすること

長々と私の将来設計を語ってすみません(笑)漫画の話に戻ります。

 

「マンションの見学にいらしてどうぞ~」と通知が届いた沼ちゃん

f:id:arasukkiri:20180712013823j:plain

高層マンションを見上げておめめキラキラです。

この話数の沼ちゃんめっちゃ可愛かった。

 

f:id:arasukkiri:20180712014044j:plain

お風呂をチェックしてみたり・・・

f:id:arasukkiri:20180712014117j:plain

お部屋に住む自分を想像してみたり・・・

 

家を買うってもちろん経済的に負担があることだけれど、沼ちゃんみたいに新しい自分の生活を想像してみたり夢だっていっぱい詰まったことなんじゃないかな。

 

家を求める理由は人それぞれ

プリンセスメゾンは沼ちゃんだけでなく、いろんな立場の人と家の関係も描かれています。

 

1つだけ紹介しておきます。

マンションの見学にやってきたとある姉妹のお話です。

f:id:arasukkiri:20180712014824j:plain

こんな状態で家買いに来るなよ~~って思いますか?

 

でも実は・・・

f:id:arasukkiri:20180712015111j:plain

今住んでいるお家が階段の上にあるから、高齢の母のために引っ越しを考えていたんです。

 

「1人だともちろん厳しいのは分かっているけど、2人ならどうかな?」って物件を見にきたのです。

 

結局はダメだったんだけど、勉強になることも書いてありましたよ。

旦那や親なら一緒にローンを組めるのに、兄弟・姉妹だったらダメなんだって。

 

家って生活に密接に関わっているから、すごい色々考えさせられます。

 

キャラクター達が悩みながらも前向きだから好き

勉強できる。大人が読むような内容。そんなこと言ったって漫画は漫画だから読んでいて気持ちが良いものであって欲しいと私は思います。

 

正直「タラレバ娘」とか「いつかティファニーで朝食を」とか読んでてあんまり楽しい気分にならないです。(私が独身だから?)

 

だけどプリンセスメゾンは独身でも良いねって思えるし、家族も素敵だなって思える。「家」がテーマだから独身だけじゃなくて家族に焦点を当てたお話も多いですしね。

 

キャリアウーマンで一人暮らしを満喫している人もいれば、寂しさが勝ってしまっている人も出てきます。

 

きっとどの立場の人が読んでも「そうそう、ここで悩んだな~」って共感できる。

 

そんな素敵な作品はキャラクターたちも魅力的です。

f:id:arasukkiri:20180712021551j:plain

この女の子は上で「結婚したら家って邪魔にならない?」って言ってた子です。

 

沼ちゃんと親しくなって、沼ちゃんがお家を買うのを(友人としても仕事としても)近くで見てきて色々前向きに。

f:id:arasukkiri:20180712021838j:plain

派遣社員だから家が買えない」ってことはないんですけど、正社員の方がローンは組みやすいからね。彼女の中に転職も1つの選択肢として加わりました。

 

なんか、絵はすごく独特なんだけどキャラクターたちが可愛くて仕方がない。

f:id:arasukkiri:20180712023324j:plain

下の2コマにこの作品の空気感が現れている気がする。

 

言い回しも良くないですか?「どれだけお金があれば」じゃなくて「どんなに頑張ったら」ってところが。

 

あ~、すごい静かな作品だ。静かに寂しくて静かに幸せ。

プリンセスメゾン 1 (ビッグ コミックス) [ 池辺 葵 ]

価格:596円
(2018/7/12 03:04時点)