魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

明日着て行ける?捨てられない服は着れば要る・要らないが判断できる

f:id:arasukkiri:20180624023214j:plain

服を処分しようと思うと「もったいない」という気持ちが邪魔をしますよね。

「高かったのに…」「全然着れてないのに…」

 

ミニマリスト的にアドバイスをするならば「”いらないかも”と一瞬でも迷った物は気に入っていない物だから捨てて良し」なんでしょうが、私はもうワンクッション置いても良いのかな~と思っています。

スパッと捨てられないなら、明日着て出かけよう

「捨てようかな、残そうかな。」と迷う服は実際に明日、着て出かけてみてください。

実際に着てみてそれなりに着れて納得できたならば、無理に捨てる必要はありません。

 

ただ一瞬でも「捨てようかな」って思ったことは理由があるはずです。

実際に着るとそれを実感して手放すことの方が私は多いです。

「色・形が似合わない」「着心地が悪い」「着ている時に気を使う(透け感やブラ紐)」「コーディネートがわからない」

 

私は大概3つ目の理由で処分することが多いです。

ただ服を眺めていると(気に入っていないけど)まだ着れるのに捨てるのもったいないな~」って思ってしまうものです。だってお金出して購入したんだもん、当然ですよ。

 

100%気に入る服を買えなかったことはもう仕方がありません。過去のことです。大事なのはこれからのことです。その服を今後着るのか?着ないのか?

それを着て過ごしてみることでハッキリさせましょう。

 

お家での試着じゃダメですよ!判定が甘々になってしまいますから。

実際にその服を着て外に出て不都合がないか確認しましょう。似合ってますか?着心地悪くないですか?

 

一度「う~ん…」って思った服は着てみると手放すことが圧倒的に多いです。だけど「意外と着れるじゃん!」と生き残った服だってあるので面倒だけどムダじゃありません。

 

「捨てたいんだけど捨てる決心ができない服」は一度着てみると簡単に判断ができます。

 

古い服が捨てられない人は”恩師に遭遇”を妄想してみて

「ちょっと傷んでるけどまだ着れるし~」ってタイプのモッタイナイさんは、その服で偶然恩師に遭遇しても恥ずかしくないかをイメージしてみてください。

 

arasukkiri.hatenablog.com

こちらの記事では「その服で元カレママに会っても恥ずかしくない?」って聞いてます。

「服を捨てる基準は元カレに会えるかどうか」でプチ炎上が起こったそうです

f:id:arasukkiri:20180624033101j:plain

ちょっと前に新聞か何かで「元カレに会って恥ずかしい服は捨てましょう」という服を捨てる基準を提案したコラムがあったんです。これが批判されてて、その意見に笑いました。

 

なんで元カレに媚売らないかんのじゃ~~!

こんな意見がいくつもあったそうです。批判している人には元カレにアピールしてる(?)ように読めたらしいです。

 

いやいや、ちゃうやん!

ダッサイ部屋着の時に元カレに会って「やっぱ別れといて正解やったわ」って思われたら悔しいやん。

「別れたん間違いやったかな…?」って思われるくらいちゃんとした格好を普段からしましょうね。魅力的な人に見える服を普段着に着ましょうねってことやん。

 

別に復縁したいかどうかなんて書いて無かったよ。

 

(判断するの)彼氏で良くな~い?

みたいな意見もあったそうですが、

付き合いたての彼氏なんてヘンテコな服着てても「可愛い~好き~」って言ってくれるし、長い付き合いの彼氏に「服ちょっとさ~…」って言われても何にも響かなくないですか?

 

「元カレに媚売ってる」って意見にそんな考えもあるのか!?って正直ビックリしました。

 

まあ、何でも良いんです。元カレでも、恩師でも旦那・彼氏の親でも、オシャレな友人でも。そういう人に会った時に「恥ずかしい~」って感じちゃう服は処分対象ですよってことです。

 

服が捨てられない人はどうぞ参考に~。

私は元カレ作戦で謎キャラがド真ん中でバーンってアピールしてるTシャツを処分できたよ。