魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

くせ毛を治す方法は存在しない。くせ毛がお金をかけるべきポイントはココ!

f:id:arasukkiri:20180525005536j:plain

ツヤツヤさらさらの髪に憧れて努力はしているけど、イマイチ効果が出なくて落ち込むことが多い私もなかなかのクセ毛です。

 

中学生くらいまで髪が濡れるとウェーブがかかるのは普通だと思ってました。

ストレートの子は髪が濡れるとまさに直毛になるって聞いた時すごいビックリした!

 

「クセ毛ってどうしたらなくなるんだろう…」って高いトリートメント試したりしてたんだけど調べたらね、

 

クセ毛ってマシにはなっても完璧には治らないんだって…(´;ω;`)

色白や地黒と同じように持って生まれたアイデンティティなんだって…(´;ω;`)

 

だからクセ毛の人は「クセを治そう!」 って頑張るんじゃなくて「見た目だけは美髪にしよう!」って努力に切り替えた方が賢いよ。

 

「髪がキレイに見える」とは?

f:id:arasukkiri:20180525013810j:plain

「髪質に恵まれないのに綺麗に見せれるものなのー?」

って思う人もいるかもしれません。

 

ある程度は大丈夫です。パンチパーマぐらい強いクセの人は厳しいですが。

 

髪がキレイに見えるために必要なことは『表面だけでもツルン』としていることです。栄養がどうとか、内面がどうとか全く関係ない。

 

髪がキレイにツヤっとして見える要因って実は光の反射なんです。

f:id:arasukkiri:20180527233618j:plain

 

表面が傷んでいたりうねっていたりすると、光が乱反射してしまって髪がツヤツヤに見えないんです。

 

逆に言えば髪1本1本がギザギザでもまとまってツルンとした表面を作れれば「髪キレイやな~」って言ってもらえる見た目になれます。

 

まだ「髪に栄養を与えた方が綺麗になるでしょ」って人がいるかもしれないから、この人を紹介しておくね。

f:id:arasukkiri:20180724214501j:plain

ロッチの中岡

彼も見たまんま結構なクセ毛ですよね。でもこんな見た目だけど手触りはサラサラツヤツヤで有名らしいですよ。

何でも1本うん万円のお高いシャンプーを愛用しているらしく、ダメなのは見た目だけなんだって。

 

「良い髪 ≠ 綺麗な髪」だということは頭に入れておきましょう。

 

ツヤツヤに見える髪はブラッシングで作る

f:id:arasukkiri:20180525014700j:plain

ネコだって丁寧にケアしてあげると毛並のツヤがピカピカになれるんですよ。

「ネコと一緒にしないでよ!」って意見もあるかもしれません。

 

 でもね、こんな投稿見つけちゃったの。 

「使ってない獣毛のクシをネコ用のブラシにしたら、飼い猫がめっちゃツヤツヤになってどこの高級ネコかと思った」

 

髪質に恵まれない人が、髪をツヤツヤに見せる方法ってもうコレしか残ってなくない?

シャンプー高いのにしたって癖毛が軽くなるだけで完治はできないんだもん。

 

ネコってトリートメントしないじゃん?ドライヤーもしないじゃん?毛質も良いわけじゃないじゃん?だけどブラシを良い物にするだけで毛並が良くなるんだよ?

 

私たち高いトリートメント効かないじゃん?何やっても効果イマイチじゃん?

あと頼れるのってブラシを良い物にするしかなくない?

 

f:id:arasukkiri:20180525021651j:plain

 

ネコをブラッシングする時に、毛並に逆らわないように丁寧にやってあげるんです。

そうすると毛が絡まないし、本当にツヤピカになる。

 

でね思い出してみると、私は自分の毛はサッと梳かすだけだったな…と。(なぜ私の女子力の矛先はネコなんだ)

 

髪質悪くて傷んで見えちゃうって分かっているならブラシ持ち歩いてこまめに整えるべきだったのです。

 

風や埃で表面がボコボコになりそうだったら、そのたびに梳かして表面をなだらかにしてあげる。癖毛に必要な努力はコレだったんです。

 

ブラッシングは朝晩だけ!って決まっているワケじゃないのにね。どうしてコレに気が付けなかったんだろう。

 

良いブラシはより良い効果を

安い櫛(くし)でも頻繁に梳かせばキレイに見える髪をキープすることができます。

でも安物よりも髪をよりキレイに見せてくれて、キレイな状態を長くキープしてくれる効果があるのが”良い櫛”なのです。

 

オススメは獣毛タイプの櫛です

獣毛は髪に自然なツヤを与え、静電気を起こさない素材です。毛先がやわらかいので、頭皮も傷めにくい特徴もあります。

獣毛は豚毛と猪毛の2種類あるので、それぞれの特徴も紹介していきますね。

 

【豚毛】

  • 豚毛ブラシは静電気が起きにくく、髪のツヤとハリを取り戻してくれる
  • また髪のキューティクルによくなじみ、髪に優しく汚れを落とす
  • 細く柔らかい髪質の人にオススメ

REDECKER レデッカー チルドレンヘアブラシ 子供 ヘアーブラシ ベビーブラシ 豚毛 ヘアブラシ 天然 木

価格:1,836円
(2018/5/25 02:50時点)

【猪毛】

  • 猪毛は硬めなので頭皮のマッサージにも向いている(育毛効果もあり)
  • 静電気も起きにくい
  • 髪の長い人、太い人にオススメ 

Iris Hantverk(イリス・ハントバーク)/ヘアブラシ 【猪毛 ブナ メーカー直仕入れ 正規品】

価格:2,570円
(2018/5/25 02:57時点)

髪が柔らかく細い人は豚毛のブラシを、髪が硬く量が多い人は猪毛のブラシを選ぶと良いでしょう。

 私はショートヘアですが、硬く太い毛質なので猪毛ブラシのが合いそうです。

 

ブラッシングで汚れを落として、絡まりをほぐして毛流れを整えて、表面がボコボコしていない状態を作る。これが大事。

 

髪って清潔感と垢抜けに直結するから、見た目だけでも綺麗になると鏡見た時に「お、今日何かキマってるじゃん」って日が増えますよ~。