魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

見放題の動画配信サービスって本当に必要?私はレンタルと電子書籍で十分楽しめてるよ。

f:id:arasukkiri:20180428034335j:plain

どうも、はち(8)です。

 

「超お得!」と話題になっている『定額見放題動画サービス』ですが

一人暮らしだと逆に損してることもあるんじゃ…?

とイロイロ調べていくうちに思いました。

 

動くの面倒だけど、私はレンタルで我慢しよう

って思った理由をつらつら述べていくゼ~!

サービス内容はめっちゃ魅力的に聞こえる

聞こえるっていうか、環境が整っている人からすると実際にすごくお得なんだと思います。

 

だってdTVとか月額500円で12万の動画が見放題なんだもん。すごいよね。

で、こういう広告を見ると思うワケですよ。

 

レンタルだと1枚100円、土日に1作品ずつ見たら元が取れる♪

 

でも平日は仕事から帰ってきてご飯作って…そうすると2時間の映画を観る時間がありません。

じゃあ、土日は必ず2枚観るか?ってそんなワケないよね。

出かけることもあるし、ただ単純に観ない日もある。

旅行になんか行ったら映画・ドラマなんて観る暇ないし。

 

あと新しい作品は配信されてないことが多い。

配信されていても見放題プラン外で課金の必要があったりするんですよね。

 

子供がいて日中プリキュアをエンドレス!

みたいなんだったらお得なのかもしれないですけど。

 

『観たい!→安い!』は良いんですけど

『安い!→観なきゃ!(元取らなきゃ)』ってなっちゃうと

逆にしんどいなあと感じました。

 

実際、お試し無料期間に「タダなんだから観とかなきゃ」って感じちゃって…

でも振り返ると興味ない物をワザワザ観る必要ってあったのかな?って。

 

自分の時間がある時に、レンタルショップに行ってあれこれ眺めて1作だけ借りる

というのが私にとってはベストでした。

 

旧作なら1週間100円で借りられるし

新作なら2泊3日で250円くらいで借りれちゃう。

習慣じゃなくて変則的に観るんだったらコレで十分!

 

一人暮らしだと環境が整っていない場合が多い

動画見放題サービスを利用する場合、テレビで観ることを想定していませんか?

 

テレビで観れるようにするためにはまず

f:id:arasukkiri:20180428050257j:plain

 

どれかが必要になってきます。

 

私のテレビはネットに繋がっていないし、ゲーム機も持っていません。

となると専用アイテムの購入なのですがこれが5,000円くらいします。

 

この段階でちょっと意欲が低下する。 

 

次にパソコンであってもテレビであっても

動画をオンラインで観るということは莫大なデータを通信します。

 

となると、動画を観るためにはネット環境の充実が必要です。

動画を見ようと思ったら30GBとかじゃダメですよ。

すぐに通信制限に引っ掛かってしまいます。

 

実家は『eo光』で電話回線とネットを契約していて毎月『2000GB』使えるんですが、

月々3,000円くらい払っています。

 

でも家庭だから良いんですよ。

一人暮らしなのに、映画やドラマを安く観るためにこの金額を払い続けるか?

って考えた時に

私はこれなら映画館で2度新作を観た方が良い!って思いました。

f:id:arasukkiri:20180428045938j:plain

 

家庭持ちなら、固定電話も持ててネット回線がスムーズにもなって、お得にネット通信量が手に入る。良い事ばかりなんですけどね。

 

だけど一人暮らしならネット料金は切りつめていきたい項目なんだよなあ…。

 

理想通りに動画見放題サービスを見ようと思ったら意外と追加料金がかかるんです。

 

こんな感じで私はレンタルを活用することに

映画・ドラマが見放題!ってすごく魅力的ではあるんですけど

私にはワリに合わないな~と感じました。

 

今後もせっせとレンタルショップに足を運びます(笑)

 

もし休日に「暇だ~でも着替えたくない、動きたくないぃぃ!」ってなったら

愛用している国内最大級のhonto電子書籍ストア! で0円本・漫画を読み漁ることにします。

 

arasukkiri.hatenablog.com

 

以上~!

「お得」って言われているサービスでも得を得られない人間もいるんだよ!って話でした。

 

私は合わなかったけど、「めっちゃ良いのに」って感じてる人もいるはずだから

お試し無料期間をじゃんじゃん活用して確かめてみよう~!

無料期間に解約しちゃえばお金かからないからね。

 

「合わないなあ」ってなれば一緒にレンタル屋さん通いましょう?(笑)

 

利用者の多い有名な動画配信サイトをはこのあたりです。