魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

急に恥ずかしくなってハイブランドを持たなくなりました。

f:id:arasukkiri:20180423013543j:plain

どうも、はち(8)です。

ハイブランドの財布やバッグを持っていましたが、それも断捨離し

今や興味もなくなってしまいました。

 

「興味がないなんて(買えない)負け惜しみやろ!」なんて意見もよく耳にするので

「私はどんな経緯で興味がなくなったっけ?」とハイブランドに興味がなくなった経緯を思い出してみることにしました。

 高級ブランドを持つのはステータスが目的だった

初っ端から貧乏くさくて申し訳ないんですが、

購入目的は質とかデザインが最重要ではなく(でも0ではないよ!)

「このブランドを持っているんだ」っていうステータスです。

 

某ブランドで胸ポケットの所に小さくブランドのロゴが入ったTシャツがあったんです。

でもパッと見はユニクロ!金額は全然違うけど。

 

このロゴがなくてもその金額払うのか?

払うわけないでしょ

 

こんなやり取りがネット上でされていたんですが、

私も「ロゴなかったらこの値段でいらんわ」ってタイプでした。

 

全面にブランドロゴがバーン!ってデザインじゃなくても、

ちゃんと見ればハイブランドだってわかる物しか買う気にならなかったので

私がハイブランドを買っていた理由は『このブランドを持っている私』というステータスです。

 

けれども見栄のために買っていたワケではない

ブランドがわかるアイテム買ってるくせに…!

って思われちゃいそうですが

ハイブランド買うくらいお金持ってんのよ~」

ハイブランドなの~~すごいでしょ?」

こんなことを思って欲しいなんて感じたことは本当に1度もありません。

 

ハイブランドが似合う程の女性に私はなりたかった!

素敵な人がハイブランドを持っていると相乗効果ですごく素敵じゃないですか?

コレに憧れていたんです。

 

物も人もすごくカッコよく見えて、

こんな風になりたかったんですよね~。

じゃあ何故興味がなくなったのか?

今って中古市場も充実しているし

高校生ならバイトしたり親から譲り受けたりして、

誰でもハイブランドが持てちゃうじゃないですか。

 

レジで制服を着た学生さんがハイブランドの財布を出したのを目撃した瞬間に冷めてしまいました。

 

別に高校生がバイトしてハイブランドを購入するのは反対じゃないんですが

「高校生でも持てるブランド」って気が付いたら「どこがステータスやねん!」って思わず自分でツッコんでしまいました。

 

「何万も出して不特定多数(しかも学生もヤンキーも)とオソロってどうなんやろう…?」

と冷静になるとちょっと恥ずかしくなりました。

 

少なくとも「嬉しい」気持ちにはなれると思ったのに

大金を払って『恥ずかしい』って気持ちを抱えるなんて思ってもいませんでした。

 

質を求めるならハイブランドは選ばない

「ブランドばれるの恥ずかしい~~」って思うようになって

私が物に求めたものは『質』でした。

 

ハイブランドが質が最悪~だとは思っていませんが、

質を求めるならハイブランドは選びません。

質にお金を払っているんじゃなくて、ブランドにお金を払っている自覚があるからです。

 

ブランドロゴが必要なければ、ハイブランドの半額のお金を出せば満足できる高品質なアイテムが購入できると気が付きました。

 

今後は「はち(8)さんが持っていると良く見えるね」って思ってもらえるように頑張ろう~なんて考えていたら

ハイブランドを所有することも興味もぴゅ~っと何処かへ行ってしまったのでした!