魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

貯金できないアナタは『貧乏脳』ではありませんか?

f:id:arasukkiri:20180228023404j:plain

欲しい物を何でもかんでも買っているわけじゃないのに、お金が足りない。

それ、思考が貧乏脳になっているからかもしれません!

 

「お金ないよ~」って言う人に限って、物持ちさんだったりします。

お金ないのに、たくさんの物を買うお金はあったんだよね?

 

実際に統計を取ると貧乏の家ほど物で溢れていて、お金持ちほどスッキリとしたお家が多いそうです。

 

「お金がない。」「貯金が出来ない。」と嘆く人の多くは、貧乏になってしまう思考を持っています。

貧乏さんは「お金がない」と思いすぎている

将来を不安視して貯金に励むことは決して悪いことではないのですが、「お金がない」と強く思うことはお金を逆に無駄にしてしまうことがあります。

 

え?どういうこと…?

 

お金のない人が物をたくさん持つ傾向にあるのは、お金に対する不安感が強いので商品が安くなっていると「安い今買っとかないと、次欲しくなった時は安くなっていないかもしれない」と商品を買わずにはいられないからなんです。

 

冷静に考えるとそんなに欲しくなかった物を買ってしまったり、買い込みすぎて結局消費しきれなかったり…

つまりコレって本来、手元に残っていても良いお金ですよね。

 

これが貧乏脳です。

 

「セール・特売・2点以上で〇%OFF・・・」

欲しい物だけを購入できたら賢いお金の使い方ですけど、これらの謳い文句に弱い人は実は損をしている可能性アリです。

 

ポイントの〇倍DAYやボーナスポイント商品でも似たようなことが起こります。

arasukkiri.hatenablog.com

 

貧乏脳の人は「得したい」「損したくない」という思いが空回りして、実はお金ではなく物を溜めてしまっているんです。

 

お金持ちは欲しい物をピンポイントで購入する

一方でお金持ちはセールだろうが、セールじゃなかろうが欲しい物だけを購入します。

だって欲しくない物は安くなっていても、必要に感じないから。

 

安売りに振り回されることなく、使わなかったお金はどんどん貯まっていきます。

もちろんお金持ちも日用品なら安売りで買うこともあるでしょう。でも使う物しか買わないし、他の物は要らないんです。

 

「今は要らないけど、いつか使えるかもしれない」

「あったら便利かもしれない」

セールで買い込む人が良く言うセリフです。

 

私の母がよく安売りのカップラーメンとドレッシングをたくさん買ってくる人でした。

確かに病気で苦しい時にインスタントがあれば便利です。お腹が空いて食べるものがない時も良いかもしれませんね。

 

でもそれなら1~2個で十分だし、そもそも我が家は小腹が空いた時にカップラーメンは食べないです。近くにコンビニもあるしね。

 

結局カップラーメンは1個くらいしか消費できずに賞味期限切れになります。→そしてまた買ってくる。

 

「何やってんだよ~もったいないな」って思いません?

そう、もったいないんです。他人のことは冷静に判断できるんですよね。『人のふり見て我がふり直せ』ですよ。

 

食べ物はダメになるサインがわかりやすいけど、物だって同じです。買って使い道のないものは無駄遣いなんです。

 

物が増えて把握できなくなるともう最悪!

f:id:arasukkiri:20180228033829j:plain

物が増えて、どこに何があるのか?何を所有しているのか?が把握できなくなってしまうと更に無駄遣いが加速します。

 

例えば、ハサミが使いたいのに見つからなくて仕方なく買ってしまうとか。気付いたらボールペンが何本もあるとか。

 

ちゃんと持っているから本当は要らない出費なんです。自分が管理できるキャパを超えた量を所有するとどんどんお金を使うはめになります。

 

●貧乏脳で物が増える

→物の管理ができない

→使いたい時に見付けられない

→買うしかない

 

貧乏脳でいる限りいつまでたっても出費が減りません。お金を貯めたければ貧乏脳を治す必要があるのです。

 

貧乏脳の治し方

まずは物を自分が把握できるくらい減らしましょう。

使っていない物・重複している物は処分して、自分が何を持っているのか把握できるようにするのが貧乏脳を治す第一歩です。

 

貧乏脳さんは「使えるのに捨てるなんてもったいない」って感じると思うんですが心を鬼にして処分です。

その代わり『もしもの時のお金』として1万円くらいヘソクリをしておくと良いでしょう。

 

もし何かが急に必要になったとしても、大概の物は1万円を出せば購入できます。ハサミなどの文房具・鍋などの調理道具だって1万円もしませんよ。

 

貧乏さんは「必要になった時にお金がなくて買えなかったらどうしよう…!」と不安に思いがちなのですが、大概の物は買い直せる金額なんです。不安にならなくて大丈夫だからね!

 

それよりも見付けられなくて、何度も何度も同じ物を購入することの方がよっぽど大きな出費になります。

 

ハサミやホッチキスなんて1つあれば十分です。ボールペンもたくさんは要りません。

まずは物を減らして把握・管理するところから始めましょう。

 

欲しい物・必要な物をしっかりリサーチする

物の管理ができるようになったら、次はセール対策です。

その場の雰囲気に流されて衝動買いをしていてはいつまでたってもお金は貯まりません。

 

まず、自分はどんな物が欲しいのか?何を求めているのか?を明らかにしましょう。

服なら自分の手持ちを見ながら足りないものを想像するのも良いですね。

 

セールやポイントDAYでの日用品の購入は節約になるので大チャンスです!

手持ちのストックを見ながら、セールでどの商品を購入すべきか見極めましょう。

必要な物だけを購入出来たらセールやポイント倍DAYはめっちゃお得なんですよ。

 

欲しい物は買っていないのにお金が貯まらない貧乏脳を治して、欲しい物は買えてるのに出費も良い感じ~なお金持ち脳に生まれ変わってお金も(欲しい物を得られる)満足感も手に入れちゃいましょう。