魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

バラを使ったプロポーズなら108本より12本の方がロマンチックかもしれない。

f:id:arasukkiri:20180221172435j:plain

バラは本数によって意味が異なって、プロポーズの時にバラの花束を贈るなんてシチュエーションが海外ではありますよね~。

 

最近では菊池亜美がプロポーズの際に108本のバラの花束を貰ったと言っていました。

「108って煩悩…?」なんて思った人もいるかもしれません。諸説ありなんですが「永久(10・8)」のごろ合わせがそれっぽいなと思いました。

 

1本~999本まで花言葉があってとてもロマンチックです。

arasukkiri.hatenablog.com

 

100本付近だと見分けがつかない問題

108本のバラの花束を贈ってプロポーズ…ロマンチックなのですが、バラの本数が増えるにつれて含まれるメッセージが愛情深いものになっていきます。

99本の花言葉も、100本の花言葉も、もちろん108本の花言葉も全部プロポーズに使えるメッセージなんです。

  • 99本のバラ 「永遠の愛」「ずっと一緒にいよう」
  • 101本のバラ 「これ以上ないほど愛しています」
  • 108本のバラ 「結婚してください」

 

個人的には108本よりも101本のメッセージの方が好きなのですが、たぶん108本の花束も101本の花束も見分けがつかない(笑)

 

だって108本のバラの花束ってこんな感じなんだもん。

f:id:arasukkiri:20180221174434j:plain

思った以上にでかい…!すごい迫力や…。

10本くらい少なくてもわかんなさそう。(ロマンの欠片もなくてゴメンナサイね)

 

で、108本の花束をプロポーズに使う人は良いですよ。だって知っている人なら「プロポーズと同時だし108本かな」って思ってくれるから。

でもその本数以外をプロポーズに使いたい人はどうすれば良いんだって問題なんですけど、どうしようもないですよね。

 

本数が分かるように花束にこんな風にする?

f:id:arasukkiri:20180221175350j:plain

これ、めっちゃダサいやん?

 

いろいろ調べてたら、12本が告白・プロポーズに良いんじゃないかな?って思ったからいまから紹介しますね。

12本やったら花束の大きさ的にも可愛いし、数も数えられるし?メッセージ性もGOODですよ~

 

12本のバラの花束にはこんな意味合いが含まれている

12本のバラには『Be mine(僕のものになって)』という意味合いがあって告白だけじゃなく・プロポーズにも適しているそうなのです。

 

もう一つプロポーズにオススメしたい理由があります。

それは12本のバラにはこんなエピソードがあるから!

オランダでは男性がプロポーズするために12本のバラを摘んで、彼女にプレゼントするという風習があった。

その12本のバラには、それぞれ次のような意味がある。

愛情・情熱・感謝・希望・幸福・永遠・尊敬・努力・栄光・誠実・信頼・真実

 

12本のバラの花束を贈ることには「すべての想いをあなたに捧げます。」というメッセージが込められているんですって。

 

こんなエピソード(物話?)を見ちゃうと12本の方がメッセージ性があって良いなあと思ってしまう単純な私です(笑)

 

大きい花束なんて照れくさいけど、気持ちを込めて贈りたい…!という人は12本のバラの花束を選んでみてはどうでしょうか?

 

おまけ:こんな告白にきゅんとキタ!

プロポーズではないのですが、告白の時に1輪のバラを贈った際の数原(Generations)のセリフにキュンとキタ!

番組の企画で、「年上女性に告白して1輪の花をさしだす」みたいなシーンがあったんです。

他のメンバーは「好きです、付き合ってください(花をさしだす)」みたいな、ありきたりなものだったんです。(失礼ww)

 

数原さんは「今はまだ1輪ですが、絶対大きな花束を贈れるような男になるので付き合ってください(差し出す)」という告白で、テレビで観ていてちょっとドキっとしました。

 

たった1輪でも想いがこもっていればこんなに素敵なシチュエーションになるんです。

バラを贈る時の参考になればと、紹介してみました~。

こんなシチュエーションにときめかない女性はいないはず!誰か私にも花贈って~~(笑)

 

▽アレンジ可能!枯れないバラ▽