魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

美人になりたければこっそり美人の生活をマネて踏み台にしちゃおう!

f:id:arasukkiri:20180127221129j:plain

 

美人になりたければ、美人さんの生活を送るのが手っ取り早いです。

「これはやらないんだ…」

「そんなことまでやってるんだ!?」

自分との意識の違い、それによる過ごし方の違いにビックリします。

 

もちろん合う、合わないはあります。でも目の前に成功例があるんだから、やってみて合わなければやめちゃえば良いんです。

「もっとこうした方が良いかな?」と思うならどんどん取り入れていけば良し!

 

「憧れるとそれを超えることができない」と聞いたことがあるので、美人さんは通過点にして超美人になっちゃいましょう。

 

美人がやっている・やらないことをまとめてみました。

『思考は現実になる』と言いますし、美人のつもりで生活するとより良いですね。

美人になりたきゃ美人の生活をコピーせよ。

1.美人さんは顔の造形に関係なく美人オーラを放っている

髪の毛がキレイだったり、服が程よくボディラインが出ていたり、美人さんは全体の印象が洗練されています。

パッと見「美人や…」って思われるには姿勢も大事です。その辺を意識して過ごしましょう。

 

arasukkiri.hatenablog.com

  

arasukkiri.hatenablog.com

 

2.美人さんは食事も美しい

お料理上手な人が多いです。自炊をすると食費も浮くし、体重も管理できるし、肌にも気を使えるし、良いことだらけ!

 

「美人なのに家庭的とか最強かよ…!」と思わずにいられませんが、まずは食生活から美人さんに近付きましょう。

 

あとあんまりスナック菓子やファーストフードを食べない。

「お腹空いたらどうするん?」って聞いたら

「そんなお腹すくかな?」って返事がきたのは衝撃でした。

 

すごくお腹が空いたら、グミとかピーナッツ類をつまむんですって。

チーズやナッツ類は美肌食材なんで、こういう部分も参考にしていきたいですね。

 

ミスユニバースの方たちも間食にはナッツやドライフルーツを食べるとテレビで言っていました。油が良質だから肌荒れしにくく、肌のガサガサを解消してくれる効果があります。

 

それを聞いてから、ちょっと良いナッツ&ドライフルーツをおやつにしている私です(笑)

意外と腹持ち良いんですよね~~

 

3.美人は運動している

「ヨガやジムに行ってます」と聞くとやっぱ努力してるんだなあと思います。

食べずに痩せることはできるだろうけど、クビレやきゅっと上がったお尻は努力しないと手に入れることができません。

 

運動するとスタイルキープの他にも、太りにくくなったり、ストレス発散できたり…美人さんの余裕はストレスとの上手な付き合い方にもあるんだな~と思いました。

 

『ヨガやジムに行くのはハードルが高い…!』と思うなら、近所をジョギングするぐらいから始めてみると良いかもしれません。

他にも室内でできる運動がたくさんあるので、テレビを見ながら運動する習慣をつけるのも良いですね。

 

arasukkiri.hatenablog.com

 

背中のクビレ作りにも、ヒップアップにも両方のトレーニングに使えるので、ゴムバンドが個人的にはめっちゃオススメです。

 

送料無料 トレーニングチューブ [強度違いの5本セット] 収納袋付き 

価格:1,296
(2018/1/27 23:03時点)
感想(25件)

今、お尻を鍛えるのがブームらしいですが、このブーム乗るべきですよ。お尻を鍛えたらデニムの着こなしがめっちゃ恰好良くなりました。デニムは同じなのに!

『美人の着るプチプラはブスの着るハイブランドに匹敵する』って悔しいけどちょっと納得できてしまった。

 

運動しましょう!引き締めましょう!

 

 

まとめ:美人のつもりで過ごしてみるべし

「美人はやっているだろうなあ~」

「美人はこれやんないだろうな~」

わかっているなら実践するべき!

 

最初は「うへぇ…(辛い)」って思うんですが習慣になっちゃえば美人まっしぐらです。

そりゃ、これが習慣だったらキレイになるよな…って感じ。

 

美人さんの「何もしてないよ」は習慣だから特別なことじゃないよってことなんです。

ただの「何もしてないよ」よりもずっと恐ろしいです。だって私も美人さんも普通に生活しているつもりなのに差は広がる一方なんだから。

 

まずは美人さんの習慣をマネしてみて、要る部分はガッツリ採用して、要らない習慣は捨てる。バージョンアップできそうな習慣はバージョンアップして、美人さんに追いついてサッと追い抜いちゃいましょう!