魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

外出時の防災対策。ちょい足しで「防災ポーチ」を作ろう

f:id:arasukkiri:20180118172847j:plain

1月17日は阪神大震災が起きた日でした。

テレビ・新聞などで毎年大きく取り上げられるので、防災について意識が強くなる日でもあります。

 

「防災グッズを作らなアカンな~」

「防災グッズあれば便利なんやな~」

「こんなんが役に立つんか(へ~…)

 

防災をどのくらい意識したかは人それぞれですが、みなさんはどのくらい考えましたか?

 

実は私、ついこの間『防災』に関して意識したばかりだったので「何か新しい有益な情報がないか」と食い入るようにテレビを観ていました。

arasukkiri.hatenablog.com

 

テレビを見ていて「家での被災対策はできているけど、外出時は全く意識できていないな」ということに気が付きました。

 

それほど荷物にならなくて、でも防災の手助けになる準備を学んだので紹介したいと思います。

 

ちょい足しで「防災ポーチ」に

平日の日中に震災が起こった時の災害対策として、普段の持ち物(ポーチやカバン)に足しておくと良いものを紹介します。

  1. 携帯食(アメなど)
  2. 常備薬・ばんそうこう
  3. マスク
  4. ティッシュ・ハンカチ
  5. ポリ袋 ☞ 大きいものはレジャーシート代わりや防寒に使える
  6. ソーイングセット
  7. ホイッスル
  8. 使い捨てカイロ
  9. 保湿クリーム ☞ 全身使えるものが重宝する
  10. 生理用品 ☞ ガーゼ代わりにも使える
  11. アゴム ☞ 止血や包帯の固定にも使える

 

女性だとポーチを持ち歩いている人が多いと思うので、手持ちのポーチに足しておくだけで立派な防災グッズとなります。

 

我慢の基準は人それぞれ。自分の基準で準備することが大切

被災時の携帯食を言うと『乾パン・缶』など少しかさばるイメージですが、『アメや栄養食』だって空腹をしのぐことができます。

アメちゃんを2~3個、空腹に耐えられない人はたくさん入れておきましょう。

 

大阪のオバちゃんの「アメちゃんいるか?」の精神は実は防災だったのです!

見習っていきましょう。

 

それから寒いのが苦手な人は使い捨てのカイロを余分に所持しておくと良いです

被災した時に配布される毛布や防寒具には限りがあります。それ以上の寒さ対策には手がまわらないのが現状です。

寒さに弱い人は自分でできる準備をしておきましょう。

 

夏の汗のべたべたが耐えられない、冬の乾燥が耐えられないという人は『ウェットティッシュ『保湿クリーム』を持ち歩くのがオススメです。

「ぜいたく品かな?」と言い出しにくいことは自分で準備しておきましょう。

 

旅行用や持ち歩き用の小さいサイズのクリームもたくさん売ってあります。

f:id:arasukkiri:20180118181524j:plain

ポーチの隙間に入れておくと邪魔にならないはずです。普段使いしても良いですしね。

 

私は普段2week のコンタクトレンズを使っていて、1~2泊の旅行の時だけ1Day を利用しているんです。(洗浄液が荷物になるから)

眼鏡を持ち歩く習慣がないので、1Dayコンタクトを2日分ぐらいポーチに入れておこうと思いました。

 

被災時に『欲しい』と声に出して要求しにくい物は自分で用意しておけば不安感・不快感を和らげることができますよ。

 

最近のホイッスルはオシャレで持ちやすい

小型で邪魔にならないホイッスルや、アクセサリーっぽい見た目でキーホルダーとして持ち歩けるものがたくさんあります。

 

【メール便 送料無料】ミニカラーホイッスルストラップ MH101-3【 笛 防災グッズ 地震 災害 避難 】

価格:537円
(2018/1/18 18:36時点)

スマイルキーホルダー リール・ホイッスル付き ハンドメイド作品

価格:750円
(2018/1/18 18:56時点)

被災して声が出せない時はもちろん、大声を出すよりも体力を温存できるのでこれもいざという時に自身を助けてくれる防災アイテムです。

 

まとめ:「0次の備え」も意識しよう

最低限必要な物を持ち出せる準備をすることを「1次の備え」

ライフラインが途絶える中、自給自足をできる備えを「2次の備え」

そして、外出時の災害対策を「0次の備え」と言います。

 

平日の日中に発生した東日本大震災以降、注目され積極的に準備が呼び掛けられるようになりました。

 

ガチガチの防災アイテムでなくてもアメなどの携帯食や寒さを少し和らげる使い捨てカイロなどは、被災時の身体的な対策だけでなく精神的な支えにもなるので、ポーチにしのばせてみて下さい。