魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

【ショック】福袋で服を買ってはいけない理由が闇深かった・・・

f:id:arasukkiri:20180107030031j:plain

今年、服の福袋を買った人~挙手!

 

私は昨年買った福袋が鬱袋だったので今年は買う勇気が出ず買っておりません。

 

「服の福袋は買うべきではない!」

たびたび耳にしますが、どうしてなのでしょうか?

 

メンズファッションバイヤーのMB氏がその理由を述べていたのでまとめました。

 

MBさんはメンズファッション専門バイヤーで年間数十のブランドの展示会に足を運び買い付けを行っています。

ブログも話題で紹介した『安くでオシャレに見えるアイテム』は即完が続出するほど。

 

ロングセラー本『いつもの服をそのまま着ているだけなのになぜだかおしゃれに見える』の著者・山本あきこさんとの対談も話題になりました。

 

福袋で服を買ってはいけない理由

あんなにたくさんのアイテムが手に入るし、ちょっと高めのブランドに挑戦だってできる。

使えないアイテムだって入っているけど、やっぱお得じゃない?

 

長年アパレル業界で生きてきて、「福袋」でいいものを見たことがありません。「福袋」はなぜ商品が見えないようになっているのでしょうか?それは地雷アイテムや売れ残りを詰め込んでいるからです。以上。
 
バッサリです(笑)
 
中身を見せないのは「これが入ってますよ~」ってわかると買ってもらえなくなる商品の詰め合わせだからだそうです。
 
入っているアイテムに自信があるならば、どんどんオープンにしてアピールするはずなんです。
 

じゃあ、中身を明らかにしているブランド買えば良いんだね?

中身が見える福袋を買えば、一見お得に服をGETできそうですが、実はそうでもないのです。

 

福袋を購入する人は普段お店で買わない人が多い

『福袋だからいつもは買わないブランドで買う』人も多いのではないですか?

 

福袋を買う人は普段そこの店を利用しない客層が圧倒的に多いそうです。

逆に普段そのお店をよく利用する人は既に福袋の中身と似たようなアイテムを手にしているのであんまり福袋を購入しないんだとか。

 

それでですよ?ここからが闇深いんです。

もちろん、リピーターになってもらうために福袋に力を入れるブランドもあるはずです。

 

ですが、仮にあなたが店の人間なら福袋しか買わないお客に良いサービスをしますか?

お店にとっても普段買ってくれないお客さんにサービスするメリットはないのです。

福袋とは「『売れ残った余りもの』を『普段買わない人に買わせる』」商売なのです。ひどい場合になると、数年前の売れ残りで倉庫に山積みしてあったものを詰める場合もあります。
 
MBさんによると「お得に買い物したい人こそ福袋は買うべきではない」そうなのです。
 
私の鬱袋もコレやったんかな~…?
 
バッと入ったお店で買った服がすごい良かったから、そのお店でその年の福袋を買うことにしたんです。(ちょうど年末だったしさ)
取りに行ってワクワクして福袋開けたら全然質が違っててですね
全く着たいと思えないっていう・・・。
(中身を見せてくれる福袋だったけど、良くない場合も全然あるんですね)
 
 
福袋で服を購入すること、私はもうないと思います。
『買うべきじゃない理由』が明確にわかったっていうのもそうですけど
一年の一番初めの万単位の買い物がゴミだったのが個人的にすごい悲しかったので…。