魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

日本社会の閉塞感をぶっ壊す救世主になるのか?飛び級制度の可能性を考えみた

f:id:arasukkiri:20171224032953j:plain

もし、日本に飛び級制度があったなら…?

 

厳密に言うと、日本にも飛び級制度は存在するのですが

ほとんど知られていないし、決まりもちょっと変なんです。

(17歳で大学に入ると、高校中退→大学入学という経歴になる)

 

海外でも飛び級ができるのは極めて優秀な人材だと言われていますが、

日本も海外くらい『飛び級』が当然にあれば、教育面はもちろん、

年齢にこだわり過ぎる日本人にいい影響があると思うのです。

 

教育面でのメリット

私はど田舎という程ではないですが、郊外の中学高校を卒業しました。

ほとんどの同級生は同じ中学に通うことになります。

 

中学の同級生の中には、九九が怪しい子もいれば、京大に行った子もいます。

 

勉強ができる子は授業中ヒマそうにしていたり、寝ていたり。

でも、もし『飛び級制度』があれば飛び級を目標に熱心に学んだ子もいたんじゃないかなと思います。

 

できる子には先に進ませて、できない子には躓いた時点で立ち止まらせるのもありなんじゃないかと思う。

 

学校教育は、馬鹿に歩調合わせるばかりで、おかしい

劣等生を面倒みるのも大事だか、優等生への対応も同じく大事だ とっくに理解し終えて次に進みたい頭の良い人間は、

ただ退屈な授業に堪えることを強いられ、

あげくには皆と同じペースでない自分にへたすると劣等感すら持つよ

年齢でくくった学級のせいで、いくつもの秀才の芽を摘んでいるはずだ

 

この意見には激しく同意する。

日本は学力の底上げを重視するけど、天井上げだって大事なんだって気付くべき。

 

あと大学をサボる人もずいぶん減ると思う。

 

4年間→3年と6か月

(半年の飛び級があるかは謎ですが…。)

に短縮されるだけでも経済面で全然違うし、半年何に使おうかな?って色々広がりますよね。

 

年齢による諦めが減る

  • 18歳で大学入学
  • 22~24歳で就職

 

日本ってこれが一般的で、20代後半で就業経験がないと厳しい目で見られるじゃないですか。

 

私は自分の通っていた大学があまり好きではなかったんですが、

20歳過ぎてから再受験する勇気がなくて…

 

もし『飛び級制度』があれば、大学を複数卒業する人もいるだろうし、

ゆえに20代後半で初就職って人も出てくると思うんですよね。

(学費を稼いでから大学って人もいるから30歳~もあり得ますね)

 

私自身は飛び級できる程の頭脳は持っていませんが、

20代後半の新卒に寛大な世の中だったら、卒業した後で違う大学にも行ってみたかったです。

 

異常なまでの年齢のこだわりが薄れる

就業を始める年齢がバラバラになることで

「何歳までには~しなくちゃ」という日本人特有の年齢に対するこだわりが減ると思います。

 

年下上司なんて今の日本では、先輩にとっても後輩にとってもストレスじゃないですか?

 

年下上司の希少性がなくなれば嫌悪感も減るだろうし、働く上で精神面でも楽になれますよね。

 

 

女性の間ではよく聞く「30までに結婚しないと~~」なんてことも減るかも。

 

それどころか、学生結婚だって有りうることですもんね。

 

海外ではもちろん若い子もチヤホヤされるけど

年を取った女性に対して「年増・ばばあ」なんて思わないらしいです。

 

『年を取る=経験を重ねた』と見てくれるそうですよ。

 

日本の女性だってどの世代も頑張っているんだから、こういう価値観を持つ時代がきたら良いですよね。

 

 

まとめ

飛び級制度があったなら」と夢を語ってみました。

 

日本のみんなで手を繋いで一緒にゴール

という雰囲気って最近できたみたいに言われますが、

飛び級・落第が全然取り入れられないことを考えるとずっと昔からあったんでしょうね。

 

今年も新生児が100万人を割って、少子化だー!なんてニュースを見たけど

 

少子化による小学校・中学校の廃校によってレベルの全然違う子が1つの学校に押し込められることの勿体無さにももっと危機感を持っても良いと思う。