魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

一生に一度なのはお互い様!そりゃあ男性にだってプロポーズの理想があるよね。

f:id:arasukkiri:20171125035236j:plain

 

「指輪気に入らなくて買い直してもらっちゃった(てへ)」

「プロポーズが理想じゃないからやり直させたの~」

 

なんて女性の武勇伝を耳にするたび、同じ女性なのに恐怖を感じます(笑)

 

「一生に一度だもん。仕方ないじゃない?」

って気持ちはわかるんですが、それは男性だって一緒ですよね。

 

一生懸命考えたプロポーズだったのかもしれない…

緊張してグダグダになっちゃったのかもしれない…

 

それを「気に入らなから、もう1回!」なんて恐ろしすぎ~!

 

プロポーズはする方が決定権を持っている

 

結婚・プロポーズって女性のためのものってイメージが強いですが、

男性だって多くの人は生涯に一度きりのことです。

 

女性がプロポーズに理想があるように、男性だって理想を持っているでしょう。

 

「一生に一度なんだから、私の憧れのプロポーズをして!」

という気持ちはわからなくはないですが、

 

  • 相手の理想100%のプロポーズ
  • 自分と彼女の理想を混ぜる
  • 自分の理想のプロポーズ

選べるのは、プロポーズという行動をとった方だということを主張したいです。

 

「プロポーズされたい!私の理想のシチュエーションで!」

と夢を語るのは良いんですよ?

でも実際に相手にリテイクを求めると、めっちゃワガママやな~~と思います。

理想のプロポーズをしてもらうにはどうすればいいのか?

お付き合いの最中にアピールするしかないですね。

 

ドラマや映画を見ながら「こんなん憧れ~」ってアピールしても良いし

素直に「プロポーズは〇〇が良いです」って言っちゃうのも良し。

 

「結婚話とか重くない?」

って言うのであれば理想のプロポーズは諦めるべきです。

 

彼はエスパーでもなんでもないんですから。

 

でも「こんなのが憧れ~」って伝わっても、プロポーズ待ちをするのであれば

どんなプロポーズにするか決定権を持っているのは相手ですけどね。

 

それでも理想のプロポーズをしてもらえる可能性は何にもアピールしないよりは数倍あるでしょう。

 

男性の理想のプロポーズ

男性が理想とするプロポーズとは一体どんなものなのでしょうか?

 

zexy-enmusubi.net

  • 「そろそろ同じ苗字にならない…?」
  • 「思い出の場所で」
  • 「夜景をバックに」

 

「そろそろ同じ苗字にならない…?」

いつも通りの日常のなかでプロポーズ。

 

ご飯食べている時や、テレビを見ている時に

「なあ、そろそろ苗字一緒にせぇへん?」

 

ってめちゃくちゃ良いじゃないですか…っ!

 

私、婚約指輪いらない派なので、代わりに彼の苗字の良いお値段のハンコが欲しいです。

ちゃんとオーダーメイドしたやつね。

 

これを友達に語るといつも「…は?」って言われますが、

「今度からコレ使ったら?」って照れながらハンコを贈られたいです。

 

「思い出の場所」

初めて~した場所だったり、2人の行きつけの場所だったり…

 

そういった思い出の場所でプロポーズしたいという意見もあります。

 

「前にも来たよね…」なんて会話をしつつ「結婚しようか」というシチュエーションが鉄板だそうです(笑)

 

「夜景をバックに」

ロマンチックなシチュエーションに憧れる男性もいます。

 

やっぱり生涯に一度のことですからね、素敵な思い出にしたいという気持ちの憧れでしょうか。

 

まとめ

理想のシチュエーションを読んでいて思ったのが

プロポーズの位置付けが男女で大きく異なるということ

 

女性は結婚への一大イベント

男性は結婚生活へのチェックポイント

と感じているようなイメージを持ちました。

 

『結婚は何色のイメージ?』と聞かれると

女性はウェディングのイメージから白やパステルカラーを思い浮かべる人が多いそうです。

 

一方で男性は結婚生活を思い浮かべるため、グレーだったり、そもそも色でイメージが浮かばない人が多いのだそう。

 

何はともあれ、

男性陣は死ぬほど勇気を振り絞ってプロポーズをしているので、女性陣はそれを素直に「愛おしい」と受け取ったら良いんじゃないですかね。