魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

結婚したいけど妥協はしたくない!そんな人がすべきことは2つだけ

f:id:arasukkiri:20180613032711j:plain

「結婚願望はあるけど、妥協してまでしなくて良いです。」

大いに結構!

でも結婚したくないワケじゃないから「やっぱ妥協は必要なんだろうか…」って思い悩む時だってありますよね。

 

そんなあなたがすべきことを2つ紹介します。

1.譲れない条件の人がいるコミュニティに参加する

初めに言っておきますけど、人生はドラマや映画じゃありません!現実なので!

ある日突然、理想の男性が目の前に…!なんてことはほぼ起こりません。

 

「王子は私が迎えに行くわ」そんな努力は絶対に必要です。

あなたが相手に求めるものは何ですか?経済力ですか?ルックスですか?趣味の一致ですか?性格ですか?まさか…全部ですか?

 

「高収入の人が良い!」って人はお金持ちが集まりそうなところにたくさん顔を出しましょう。

マッチングアプリを使うと「年収~以上」と指定できるのでサクっと高所得男性を見付けることができます。

恋活マッチングWithには年収1千万円以上でパートナーを探している男性が6,500人もいるんです。あなたの身近に年収1千万以上の人何人います?

f:id:arasukkiri:20180613035837j:plain

 

マッチングアプリ趣味検索や「イヌ派?ネコ派?」「お酒が好き」などたくさん項目があるので、共通点から探せばマッチングしやすいんだとか。

 

他にも【PREMIUM STATUS】 のような男性はステイタス職業限定!なんて強気の婚活もあります。男性は年収700万以上~

 

オタクさんには【とら婚】 なんかもオススメ!

「趣味はなんですか?」「アニメです」って婚活市場では言えないですもんね。初めから理解のある人と出逢うことができます。

アニメ・ゲーム関連の人が多いですが、歴史でも旅行でも「オタクです!」って人は参加できます。

 

高収入の男性が良ければ、高収入の男性が集まるところへ。

共通の趣味がある人が良ければ、そんな人が行くところへ。

 

出会わないことには結婚どころか恋愛すら発展しないのでまず出会えるように、理想の男性が集まりそうなところへ足を運びましょう。

やっかいなのが性格とルックス

これがね、やっかいなんですよ。

「あなたが思うベスト オブ イケメンは?」って聞かれても頭に思い浮かぶ人物は人それぞれなんですよね。

 

性格もそう!例えば怖い人に絡まれた時に立ち向かう強い人が良いのか?手を取って逃げてくれる人が良いのか?これも好みは人それぞれです。

 

性格やルックスは多くの人に出会うしかないのかな~という感じ。

だけどこちらも出会わなければ何にも始まらないので、習い事をしてみたり集まりに参加したり…多くの異性と出会う努力は必要です。

 

2.たった一人のパートナーになれる魅力が必要

f:id:arasukkiri:20180613043452j:plain

「お金を持っている人が良い!」「カッコイイ人が良い!」

では、あなたはその人に相応しい魅力を持っていますか?

 

条件が良い人というのはモテます。その中で選ばれなければならないんです。

arasukkiri.hatenablog.com

 

オタサーの姫』理論によるとモテは一極集中します。

当然ですよね。「私3番目に良い女なので、3番目に良い男と付き合います」なんてことはないんだから。

 

だから本来は自分が上位になれる環境を探すべきなんだけど、婚活での自分の立ち位置は始まってみなきゃわかりません

だから代り自分が上位になれるように自分磨きを頑張らなければならないのです。

 

自分が魅力的な女性になれるために何をしますか?何ができますか?

女性が集中する好条件の男性に選ばれたければ、それ相応の努力が必要です。

 

というか、そんな誰もが手に入れたい男性が婚活市場にいたら次のどっちかが考えられる。

  1. 理想のパートナーを追い求めている
  2. 女性とあまり出会える環境じゃない

1はたぶん女性の少女漫画脳と同じ。恋愛や結婚に夢や憧れがあるタイプ。

異性の8割は恋愛対象じゃなく(異性として全く興味が持てない)、「好きな人がなかなかできない。」が口癖の人が多い。

だけど恋愛対象に入りさえすれば関係が進みやすいから頑張りドコロ。

 

2の場合はこんな攻め方が有効かもしれません。

arasukkiri.hatenablog.com

女性となかなか出会えない環境の人なら、なおさら効くかもしれないですね。

 

見た目も中身も努力でイイ女になりましょう。

理想の男性に出会えた時に「私なんか選んでくれないよね」ってチャンスを手離さなくても済むように運命の日に備えるんです。

 

最後に

今まで「条件が~~」ってさんざん言ってたので「それ言う?」って思うかもしれませんが、私はプライドが高くない人が良いです。(あとお話が上手な人!)

 

「結婚する」って「50年人生を共にします」ってことだと思うので、ダメになった時に底辺から一緒に頑張れる人が良いなって思っています。

 

もしかしたら長い結婚生活の間に仕事を失うこともあるかもしれない。

そんな時に生活レベルを下げれたり、再就職の条件が良くなくてもプライドを捨てて働ける、そんな人が良いです。

 

「条件が良い人と結婚したい!」という人はこういう「もしも」が起きないように好条件を求めていると思うので、全く参考にならない話ですけど。