魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

本籍地以外から戸籍謄本を取得する手順を説明するよ

f:id:arasukkiri:20180602044854j:plain

パスポートを申請しようとしたら「戸籍謄本」を要求されました。

「戸籍謄本」は本籍の役場へ請求する必要があるのです。

でも私の本籍地は現住所ではないし、遠いぞ…!

 

私と同じような本籍地が遠い人の戸籍謄本の取り方を手順を追って説明します。

戸籍謄本の取り方

1.本籍の市役所ホームページで「戸籍謄本の交付請求書」を印刷します。

「〇〇市 戸籍謄本 請求書」って検索するとだいたいたどり着けます。

 

例えば旭川市だとこんな感じになってるよ~

f:id:arasukkiri:20180602050315j:plain

(なんや独身証明書って…証明できたら何があるんや?)

コレを印刷します。失敗しても良いように私は2枚用意しました。

 

難しいことは聞かれませんが、本籍地を記入する欄があるのでそれは調べておきましょう。

申請理由は「パスポート申請・取得のため」とかで大丈夫だと思います。

 

用意するもの

請求書が書けたら、請求書とともに郵送しなければいけない物があります。

それを紹介します。

  1. 封筒2枚
  2. 身分証のコピー
  3. 手数料

 

封筒は戸籍謄本を送り返してもらう返信用も自分で用意しなければならないので、申請用と返信用の2枚必要です。

 

切手も貼っておく必要があります。

普通郵便の切手っていくらのヤツだっけ?

税金が上がったり、年賀はがきが値上がりして私もあやふやになっていましたが、

2018年6月現在は82円切手です。

 

申請用と返信用の2枚必要なので164円ですね。

返信用の封筒には自分の住所も書いて切手も貼って、役所が「戸籍謄本」を入れるだけの状態にしておきましょう。

 

3の手数料について

郵便局で「郵便定額小為替を購入します。

かつては戸籍謄本(抄本)の発行手数料は全国一律だったのですが、現在は各自治体が決めれるようになっています。

しかし、多くの自治体はかつての「450円」のままのところが多いです。

 

ちなみに私の本籍地も450円でした。金額を上乗せしている自治体だった場合はちょっとだけ悲しみましょう。

 

あと「郵便定額小為替」は「ゆうびんていがくこかわせ」と読みます。

購入の時に読み方に自信がなかったので調べました。(馬鹿がバレる~~)

 

おさらい

封筒に入れる物は

  1. 記入バッチリの交付請求書
  2. 返信用封筒(住所・切手もバッチリ)
  3. 身分証のコピー
  4. 郵便定額小為替

入れ忘れ・記入漏れがないようにね。

あとはポストに投函して、戸籍謄本が届くのを待つだけです。お疲れ様でした~~