魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

衝動買い星人だった私が物欲を抑えられるように至った考え方

f:id:arasukkiri:20180530021943j:plain

世の中には「物欲が抑えられない~助けれくれぇぇ!」って人がいる一方で、「欲しい物が何もないんです。」って人もいます。

 

「あれ?今月娯楽費に手を付けてない…!」って月が年に数回ある私ですが、かつては衝動買いしてはタグ付きのまま放置するを繰り返していた物欲星人だったんです。

 

ショッピングに出かけて「良いな~」って思う物は今でもモチロンありますよ。

でも「欲しい!買いたい!」という感情にまではなかなか至らないんです。

そんな私が持っている考え方を紹介します。

物が増えると管理の手間が増えるので嫌だ

f:id:arasukkiri:20180530023121j:plain

物を購入して活用しようと思うと、物の管理も引っ付いてくるんだと気が付きました。

これに気が付くいちゃうと、物が少ないのが快適すぎてwwこの段階で物欲が大幅にダウンします。

例えば、カバン。

私は本革のカバンを複数所有しているのですが、多くない数なのに管理が大変です。

  1. 型崩れしない保管方法を考える必要がある
  2. 定期的にワックスを塗る必要がある

まずカバンって収納にめっちゃスペースを使います。ついでに気も使う。

ぎゅうぎゅうに入れると形が崩れちゃうし、自立できない形のカバンもあるし…。

 

「良いな~」って思うカバンがあったとしても、「でもどこに置こう?」「カバンのケアでどんだけ時間使うんだよ~」って頭によぎるので私は「イイネ⇒欲しい」と直結しないのです。

 

「手に入れるための代金を払って、保管のスペースと管理の時間も必要になる。それでも欲しいか?」って考えるとほとんどの場合購入に至りません。

 

服の場合も同じ

f:id:arasukkiri:20180530025239j:plain

シャツやブラウスを買う時は「折りジワ嫌やしクローゼットに吊るした方が良いかな~、だったらハンガーも買わなきゃ…!スペースあったっけ?」とか商品を見ながら考えちゃう。

 

ニットの場合も「ぎゅうぎゅうは毛玉の原因やからスペースを場所つくらないと…!」って思うとあんまり枚数は持ちたくなくなるよ。

 

それでも欲しければ買うけど、服は基本的に足りてるし勢いで「買っちゃお!」って思うことほどんどない。

服を買う場合は、持っている服と入れ替えの場合が多いかも。

 

「お金も払ってんのに、手間がかかるとは何事や~~!」って私は感じちゃうから衝動買いは全くしない。

というか、「お金を払って手に入れてテマヒマかけて大事にしたい」って思える物ってそんなにたくさん無いよね。

 

「いくらかかってもコレが欲しい!」って気持ちになる物が無さすぎて私寂しいなって感じてるくらいだもん。

 

「物を買っても満たされない」とは言わないけれど…

「たくさん買う必要はどこにもない」と思うよ。

 

「物で心は満たされないよ」「満たされてないから物で埋めようとするんだよ」

って意見には私は半分くらい賛同する。

 

だけど残りの半分は反対とまでは言わないけど、例外もあるな~って思ってる。

ブランド物でも車でも家でも…高い買い物じゃなくっても、「本当に欲しくて手に入れた物」は嬉しい気持ちにさせてくれる。頑張れる活力になったりもする。

 

別に物を買うことは罪悪感を持つことでも、後悔をすべきことでもない。

 

本当に大好きな物なら買ったって良いんです。

でもそんなに惹かれる物(買って心が満たされる物)って「たくさん」はないんだよね。

 

こんな言い方すると性格の悪さが露呈しちゃうけど、そんな商品がたくさんある人は買い物さえしてればずっと幸せなんだからちょっと羨ましいなって思っちゃう。