魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

1人暮らしの自炊は「一汁二菜」で上出来!頑張り過ぎない自炊生活始めました。

f:id:arasukkiri:20180519025908j:plain

健康管理やお金のことも考えて極力自炊をするように心がけているんですが、

献立に困りませんか?

 

仕事もしていて毎日のこととなると、なかなか料理に時間をかけることができません。

料理下手な私は献立を組み立てるのもすごく時間がかかります。

 

「一汁三菜」ならぬ「一汁二菜でも十分だという情報を手に入れたので、「一汁二菜」生活を始めます。

ずっと使える「一汁二菜」献立帳 定番おかずで組み合わせる「主菜+副菜+汁もの」 [ 松本忠子 ]

価格:1,944円
(2018/5/19 03:04時点)
感想(6件)

基本和食なので、健康にも良いよね。料理も上手になれそう。

献立を提示してくれるので、本を見ながらちゃっちゃか作ろうと思います。

汁物を毎日作るの面倒だから、燃焼スープを3日使い回すよ

私は知ってる。

メイン料理は気合を入れて作ると、汁物を作るのに労力が割けないってことを。

 

コンロの都合もあって「後で汁物作るぞ」って思ってるんだよ。

でも最終的は「めんどい!なくてもいいや」ってなっちゃう。

 

これを解消するために私は燃焼スープを大量に作ることにしてます。

f:id:arasukkiri:20180519025209j:plain

夏場以外は、毎朝火をグツグツさせれば2~3日は大丈夫です。

 

野菜が微妙に余るって一人暮らしではあるあるですよね。

使い道に困るくらいしか残っていない野菜は基本的に投入しちゃいます。

 

廃棄0!お腹もポカポカ!これぞwin-winです。

夜に汁物が付いてるのも嬉しいけど、朝に飲めることが私は何よりうれしい。

仕事行く前に、あったかい野菜スープをモグモグ食べれるのめっちゃ幸せやで。

 

基本的なレシピとアレンジ

  • 玉ねぎ・・・お好みで適量
  • キャベツ・・・お好みで適量
  • 人参・・・お好みで適量
  • コンソメ
  • 塩・コショウ・・・少々

ピーマンやトマト、セロリなど何でも入れてOK!

 作り方もとっても簡単!

  1. 野菜をそれぞれ一口の大きさに切る
  2. 大き目の鍋に、野菜とコンソメを投入、水を入れる
  3. 10分ほど火をかけて野菜がやわらかくなるまで煮込む
  4. 最後に塩とこしょうで味付け

私の場合はこれを大きな鍋で作ります。

1日目と次の日の朝はこのままコンソメ味の燃焼スープをいただきます。

 

2日目には、我が家にはみそ汁を作ろうと思ったものの活用できていない小鍋があるので、その晩と翌日の朝食べる量を小鍋に移します。

富士ホーロー 片手鍋 ミニソースパン ポリフタ付 ホワイト/レッド 12cm 0.8L

価格:1,944円
(2018/5/19 03:37時点)
感想(148件)

ケチャップでトマトスープにしたり、豆乳を入れて豆乳スープにして味を変えて飽きないようにしています。(毎日同じ味で良ければアレンジは必要なし)

カレー粉をいれるとカレースープにもなるんですよ!

 

ちなみに味噌を入れるとみそ汁ではなくmiso・soupになります。元のスープがコンソメで味付けしてるからちょびっとだけ洋風(笑)

でもちゃんと味噌汁っぽい味なので私は満足です。

 

3日目はアレンジ無しで食べることもありますが、

味を変える場合はもう日持ちも限界なので大鍋で調理してしまいます。

 

毎日汁物を作るのって意外と負担なので、この方法でめっちゃ楽になりました。

野菜も使い切れるし、品数も手っ取り早く稼げるしズボラな私にめっちゃ合ってます。

 

実はみそ汁は基本的に常温保存できない

燃焼スープでいけるんやったらみそ汁もいけるんちゃう?

そう思って調べてみたんですが、なんとみそ汁は基本的に常温保存禁止だそうです。

 

みそ汁を常温で保存したい場合、

  • 味噌を多めに入れて塩分濃度を高めておくこと
  • 3~4時間おきに火を通すこと

が大事だそうです。仕事がある人間は無理ですね。

多めに作った場合は粗熱を取ってから冷蔵・冷凍保存が鉄則!

どれくらい日持ちするの?

冷蔵保存は1~2日・冷凍保存は2週間だと言われています。

 

味噌が発酵食品だから、傷みの進行がすすみやすいんですって。

というわけで私は燃焼スープでやっていきます。

 

スープと野菜をモリモリ食べることになるから、メインを食べる量が減ってちょっと痩せれたりしないかな~。

 

友人の肌がぴかぴかになってた!「何をしてるの?」って聞いたら・・・をの記事でも言いましたが野菜の摂取量を増やそうと思っていたので、

燃焼スープを使った「一汁二菜」こそ私が求めていた食生活だったのかも!