魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

【ミニマリスト】服が少数になったら絶対に持っておきたいケア用品

f:id:arasukkiri:20180215025139j:plain

 

似合わない服を手離して、似合う服を上質な物に

これが私が憧れ目標とする衣服との付き合い方です。

 

でも、「使用感のある高級ブランドよりは清潔感のあるプチプラ」と言われるように、衣服にお金をかけたからといって手入れを何もしなくていいわけではありません。

何もできないなら、安い服を頻繁に買い替えた方が良く見えます。

 

理想はやっぱり『良い物を長く着る』ですよね。

 

自分が気に入った服をキレイにそして長く着ることができるように、持っておくべきアイテムを紹介したいと思います。

 

洋服ブラシは生地を傷めずキレイにできる

f:id:arasukkiri:20180215030612j:plain

洋服ブラシは衣類をキレイに保つために欠かせないアイテムです。特にひんぱんに洗濯やクリーニングができないアイテムに重宝します。

 

洋服ブラシは天然獣毛がオススメです。生地を傷めにくいので衣類が長持ちし、また埃や髪の毛をしっかりと取り除いてくれるので見た目もキレイになります。

 

オススメはカシミアも対応している『ブラシの平野』洋服ブラシ

カシミアやアルパカなどデリケートな生地にオススメなのが『馬毛』です。優しくよごれを落として服地の目をキメ細かく整えてくれます。

 

かつては豚毛が主流でしたが、デリケートな素材が増えてきたことで馬毛の洋服ブラシが一般的になりつつあります。

 

素材に合わせてブラシも換えるのが一番いいでしょうが、私はズボラなのでデリケートな生地にも対応できる『平野のブラシ』1本で十分です。

 

高品質でオススメされる『平野のブラシ』ですが、お値段もお高いです。

が!携帯用の小さ目な洋服ブラシなら楽天サイトで2,700円(税込)で購入することができました。

 

レビューでも携帯用でも十分だったという意見が多く、私もこのサイズで満足しています。

溜めないでマメにブラッシングする習慣を作れば、携帯サイズで大丈夫です。

 

【ブラシの平野】 洋服ブラシ 携帯用

価格:2,700円
(2018/2/15 02:52時点)
感想(169件)

毛玉ができやすいカシミアセーターに使うと…

f:id:arasukkiri:20180215032913j:plain

画像:https://www.spoonhome.com/clothesbrush/

 

肌触りが良く秋冬に重宝するカシミアですが、毛玉になりやすいのが難点です。

 

ブラシのコツは擦るのではなく、埃を払うイメージで使うこと!

擦るように使用すると、埃が繊維の中に入って逆効果なだけでなく、生地も傷めてしまいます。埃を払い飛ばすよういサッサッと使うのが正解です。

 

f:id:arasukkiri:20180215033519j:plain

画像:https://www.spoonhome.com/clothesbrush/

 

上がブラッシング前、下がブラッシング後の画像です。

ブラッシングによってこんなにキレイに…!同じニットなのに印象が全然違いますよね。

 

毛玉取り器でも毛玉の処理は可能なのですがブラシに比べて生地に負担がかかってしまうので、小さな毛玉レベルならブラシで処理する方が絶対に良いです。

 

また、繊維を整えることで毛玉が出来にくくなるので、長く大事にキレイに着たいなら1本持っておくと便利です。

 

楽天市場の『ブラシの平野 洋服ブラシ 携帯用』ページへ

 

 

まとめ:とりあえず「洋服ブラシ」は持っておくと良いよ

ミニマリストになって服の数が減るとどうしても服の使用頻度が上がります。

するとどうしても毛玉や埃などの汚れの誕生スピードも上がるので、ケアは必須なんです!

 

私が服をミニマムにした理由は『似合わない服を手離して、その分似合う服を上質にして長く着たい』という想いからなので、できるだけ生地に負担の少ないケア方法を探していて、たどり着いたのが洋服ブラシでした。

 

生地に負担が服なく毛玉・埃の処理ができるのもありがたいし、何よりブラッシングした後の服がつやつやになるので「頑張って(良い服を)買って良かった」って思います(笑)

コートは特に面積も大きいので、するとしないじゃ全体の印象が全然違うんです。

 

お安いニットも気持ちいいくらいツヤフワになるけど、「服は少数精鋭!」のミニマリストこそ『洋服ブラシ』は手にすべきアイテムだなと思いました。