魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

安く用意出来る防災グッズのリストを作ったよ。完璧じゃなくていい、でもあるとないじゃ大違いだから今すぐ準備すべし!

f:id:arasukkiri:20180105021834j:plain

防災グッズの用意は出来ていますか?

 

近いうちに必ず超大型地震(マグニチュード9レベル)が起こると言われています。

 

何にも用意していなくて「怖い、どうしよう…」とならないように

震災時にちょっとでも不安を取り除けるように防災グッズを準備しておきましょう。

 

完璧な防災グッズでなくても良いのです、50%でも備えがあると全然違ってきます。

 

できるだけ安価でできる防災や、テレビや雑誌を観て「なるほど…!」と思った防災アイテムを紹介したいと思います。

 

欲を言うと、防災セット【ディフィンドフューチャー】のようにプロが監修した防災セットが欲しいんですけどね。

 

ディフィンドフューチャー

 

リュックに入れておくべき、身近にある物

まずは、新しく購入しなくても既に持っていて、防災グッズとしてよく挙げられる物を紹介します。

 

  1. タオル
  2. ビニール袋(大き目)
  3. 絆創膏・マスク
  4. ティッシュペーパー
  5. 筆記用具
  6. 小銭
  7. くつ下(2足くらい)
  8. 軍手
  9. 生理用品(女性)

 

さあ、これらを今すぐリュックに詰めてください。

 

よくよく考えると「まあ、全部役に立つよな~」と思いますが

忘れがちなのが、くつ下と軍手です。

 

軍手は、瓦礫や物を触れる際にケガを防ぐ役割もありますし、防寒にもなります。

 

靴下も軍手同様に防寒の役割もありますが、

災害が夏だった場合、とっさにサンダルを履いて避難する可能性も考えられます。

素足で避難よりは、一枚・二枚でもカバーが有る方が絶対に良いです。

 

本当はクツや長靴をリュックに入れておくのが一番なのですが、

あまり現実的ではないと思います。

防災用に予備の靴ありますって人なかなかいなんじゃないかな~

 

クツには劣りますが、それでもないとあるじゃ大違いなので、安価でしかも重さも負担にならない靴下を防災アイテムに加えておきましょう。

 

連絡先のメモを入れておく

いつ携帯電話の充電が切れるかわかりません。

 

災害時に連絡を取りたい人の番号を何も見ずに言えますか?

 

筆記用具(メモ・メッセージが残せるように)と大切な人の連絡先のメモを入れておきましょう。

最近は公衆電話が減りましたが、10円(現金)も入れておくといざという時、助けになるかもしれません。

100均アルミレジャーシートは購入しといて損なし

f:id:arasukkiri:20180105025332j:plain

アルミレジャーシートは防災アイテムとしてとても役に立ちます。

100均でも購入できるので、防災リュックに絶対入れておくべきです。

 

〈アルミシートの役割〉

  1. 防寒・保温
  2. 雨避け
  3. 人の視界を遮れる

 

まず、単純に防寒になります。

アルミシートにくるまって風よけとして活用もできますが、

避難所でも防寒の効果を発揮します。

 

避難所では配布される毛布に限りがあります。

自分と布団の間、あるいは布団の上にアルミシートを敷くことで、熱を逃がさず保温してくれます。

 

次に雨避け。

レジャーシートは水を弾くので、雨避けになります。

濡れると体温が下がってしまうので、防寒保温と雨避けが一緒にできるのが防災ポイントです。

 

そして最後にカーテンとして代用できるということ。

避難所では個人のプライベート空間まではなかなかどうすることもできません。

 

避難生活の中で、着替えをしたい時だとか、赤ちゃんのおむつ替え・授乳など見られたくないシーンも必ず出てきます。

 

そんな時に、家族や知り合いにバッとシートを広げてもらって、一時的にですが周りの視線をシャットダウンする空間を作ることができます。

 

災害時なんだからそんなん気にしたって…って言い分は分かるんですが

頭では理解できても心が受け入れられないこともありますもんね。

 

避難所生活のストレスに「全てがオープンなこと(人の視線が常にある)」という理由が挙げられるので、

最低限見せたくないことは隠せる術を持っておきましょう。

 

 

まとめ

もちろん100%完璧な防災セットが良いんだろうけど、

それは難しい部分もたくさんあります。

 

現に我が家は、非常食の賞味期限が切れていたので全部捨ててしまったところなので

防災時の食料の確保ができていません。

(いずれ用意すべきだとは思うけど、全部捨てたからなかなか買い直す勇気がでない…)

 

でも100%の防災グッズじゃなくても、お金をそんなにかけなくても

自分が用意できる範囲の防災グッズでずいぶんと災害時の負担が減ると思いませんか?

 

避難時にタオル1枚、靴下1枚あるだけで大きく変わってくるのです。

できることから防災アイテムの準備を始めましょう。