魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

コンピュータが仕事を奪う時代に個性とセンスを磨いて備えよう!

f:id:arasukkiri:20171121013902j:plain

 

画像のタイトルを赤字にしたらホラーみたいになってしまった…!

ペッパー君の微笑みがサイコパスっぽくてめっちゃ不安になる画像だなー。

 

コンピュータの技術革新が凄まじくて、今後10年で

今ある仕事の半分が人間である必要がなくなる時代が来る

という研究結果が出されました。

 

では、情報・知能でコンピュータ敵わない人間はどんな分野でならお金を稼ぐことができるのか?

考えてみました。

 

 

コンピュータに仕事を奪われる人間

「コミュニケーションが必要な仕事なら大丈夫ですよ~」

とかつては言われていましたが、

そんな仕事さえも今後はコンピュータで済ますことができるのではないか?

と今では言われているのです。

 

gendai.ismedia.jp

 

受付や事務処理が機械化されることは以前から言われていましたが、

(現に機械化を導入している企業もありますもんね)

記事によると警察や弁護士までもが機械化できると言われています。

 

情報を処理・分析はコンピュータの得意分野ですからね。

 

記事を読んでいて思ったのですが

コンピュータが発達したら失業する人の職業は?

 

と聞かれると、

データ処理などの1~10まで全てコンピュータのみで行える職業をイメージしてしまいがちです。

 

でも将来の警察や弁護士などを思い浮かべると

  • 現場に足を運ぶのは人間
  • データ処理をするのはコンピュータ
  • データから結論を出すのは人間

 

というように一部は機械化できても、

全てをコンピュータで済ませることができるとは思えませんよね。

 

でも数%はコンピュータで成り立つわけです。

この数%がある結果、失職する人も出ててきたり、採用縮小なんて事態が起こり得るのです。

 

いわゆる知的労働者が危ない

お勉強はできるけど、個性がない。

そんな人間が一番の失職対象。

 

コンピュータは人間と比べものにならないくらいのレベルで

情報処理・計算、それに伴った判断ができます。

 

例えば、営業先へのプランの提示など、

ベストなプランはコンピュータが見つけてくれるようになるのです。

 

「内勤でデータから資料を作るのが得意で~」

みたいな人が危ないです。

 

自社が得するプランをプレゼンできる営業力(対人能力)を持っている営業マンが最も重要視される時代がやってきます。

 

コンピュータって単純作業の仕事を奪っていくイメージがありますが

実は知的労働もあやうい位置にあります。

お金になるのは個性と発信能力とセンス

ほとんどの仕事が一部あるいは全て機械化できてしまいます。

 

「でも仕事がないと困る」

「お金は稼がないといけないし」

 

みんなこうだと思います。

いったいどのようにお金を稼げば良いのでしょうか。

 

クリエイティブ系

絵や物作りなど、作品に個性が加わって評価されるものは

コンピュータは作れないと言われているのです。

 

絵描き・ミュージシャン・漫画家・作家…

代わりのきかない仕事は、コンピュータには奪えません。

 

意見発信に価値がつくようになる?

今でもちょいちょいありますが、商品レビューや個人ブログに金額がつく時代がくるのではないかと思います。

 

買おうか迷っている商品を調べるとき、私たちが求めているのは

実際に使った感想

ですよね。

おそらく将来はレビュー代金が貰えるようになるでしょう。

 

そして意見発信といえばブログやツイッター

今でもアフィリエイトといってSNSでお金を得る手段があるのですが

そういうやり方ではなく・・・

 

自分の意見に賛同したり、応援してくれる人が、

「頑張れ~、見てるよ~」の意思表示で金銭をやり取りする時代がくると思います。

 

自分の意見に価値が付く時代がやってくるのです。

厳密に言うと個性だけじゃなくて発信能力・センスも大事ですけどね。

まとめ

コンピュータで奪われない仕事は個性を表現する仕事だと思います。

 

でも、これって日本人が最も苦手とするところ…

  • 出る杭は打たれる
  • 鋳型にはまる

なんて慣用句・ことわざもあるほどだし

 

集団からはみ出ることを極度に恐れているし、

周囲も「空気よめよ~」みたいな空気ありますもんね。

みんな同じ方向を向いているのが、一番良い…みたいな。

 

「自分の個性って何なんだろう」

”個性”が漠然としすぎているなら、ニュースを見て「自分の意見」を文字にしてみるのも良いかもしれませんね。

 

今まで必要とされずむしろ邪魔だとされてきた”個性”が

コンピュータ時代が到来する10~20年で重要になるかもしれないなんて、本当世知辛いな~。