魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

高くたって着ないものは着ない。最優先は「似合う」こと!

服を売るようになったら買い物が下手になった

 服を断捨離して、リサイクショップで買い取ってもらっていくらかお金になりました。まあ、買った値段を考えると涙が出ちゃうくらい低額ですが。

 

 断捨離を終え、しばらくたち、たまには服を買うこともあるのですが、その購入基準がちょっと危うくなっていることに気が付きました。

 

 セールだったら元値が高いものを取ってしまったり、名の知れたブランドの方が買い取り額が高いのでそっちを買ってみたり…。基準が値段になってるぅぅぅ!

 「ちょっとでも高く売りたい」という気持ちが出過ぎています。

 

 これじゃあ、せっかく断捨離したのにまた着ない服が増えちゃう。お金出してそんなに気に入らない物を買って、安く買い取ってもらうとか、もうダメダメです。

 断捨離で学んだ「もったいない」と考えが全然生かされていませんでした。

 

 なので買い取りに出すのやめます。

私は上手に活用できないみたい。どうしても左右されちゃう。

 

今一度、どういう服を買うべきなのか改めて明言

  1. 似合っていること
  2. 着心地がいいこと

LINE,ライン,twitter,ツイッター,煽り,レス,使える,画像,まとめ

 どこにも『ブランド』や『高い服』なんてないじゃん!

 

何より一番大事なのは似合っている』ことだもんね。ココ大事にしていかなきゃダメだな。

 今後は「売る」ことは考えずに、私自身がいっぱい着たいという服を選択していきたいな。

 「売ろう」なんて考えないくらいたくさん着た!満足!っていうのが上手に服を選択できたってことですもんね。

 

似合う服は一握り、服は少しで十分なはず

 悲しいかな、何でもかんでも似合うようなスタイルは持ち合わせていないです。

さらに手を出さない系統のファッションも存在します。

 

 好きなコーディネートから似合うものを選んで…ってやっていくと残るコーディネートはわずかです。

あれ、ならなんでこんなに服持っているんだろう?

 

 もうちょっと服の取捨選択に出来ることがありそうです。あと服の買い方も。

ちゃんと試着するようにしよう。似合う、似合わない、そして新しい発見ができるかもしれないし。