魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

『廃墟に乞う』佐々木譲 関係者たちの心情を見逃すな

『廃墟に乞う』佐々木譲 あらすじと感想

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

廃墟に乞う (文春文庫) [ 佐々木譲 ]
価格:680円(税込、送料無料) (2017/9/3時点)


 

〈あらすじ〉

 十三年前に札幌で起きた殺人事件と、同じ手口で風俗嬢が殺害された。道警の敏腕刑事だった仙道が、犯人から連絡を受けて、故郷である旧炭鉱町へ向かう表題作(「廃墟に乞う」)をはじめ北海道を舞台に、任務がもとで心身を耗弱し休職した刑事が、事件に新たな光と闇を見出す連載短篇警察小説。

  • オージー好みの村
  • 廃墟に乞う
  • 兄の想い
  • 消えた娘
  • 博労沢の殺人
  • 復帰する朝

 

〈感想・ネタバレ有り〉

 仙道は、かつて担当した事件によって心身を耗弱し休職中の身である。そんな仙道の元に事件関係者から連絡がきて…。

 警察ではあるが、休職中の仙道は、家宅捜査や逮捕といった権限を持っていない。それはまるで警察というより、探偵のようであった。

 関係者に話を聞いてみたり、事件現場を回ってみたり、そうしたなかで事件の真相をひも解いていく。

 

 本作は、事件のトリックを暴いて真犯人をあぶりださすということではなくて、どうしてその事件が起こってしまったのか、周囲の人間の心情を読み解いていくという作品だと思う。

 

「博労沢の殺人」と「復帰する朝」が私は特に好きでした。

「博労沢の殺人」は実は腹違いの弟だったんだろうな、とか。「復帰する朝」は妹に婚約者取られちゃったのかな、とか。

 ハッキリ名言されているわけではないけれど、自分の頭の中でピースがかちりとハマって動機が透けてくるのがとても快感でした。

 

解説者と私の見解の違い

 解説にて「復帰する朝」で仙道が中村由美子の左手薬指を確認するシーンについて、『仙道が由美子に好意を持った』みたいな書かれ方がしてあったんですけど、私はこれは違うと思います。

 

 私の個人的な解釈でしかないので間違っている可能性も有りますが

 中村由美子には以前、捜査に協力してもらったことがあって(彼女の記憶力がすごく役立った)、そんな彼女の印象に対して仙道は地味だと思ったという描写がある。その時に彼女の左手薬指の指輪を確認している。

 

 「地味な女性だけど婚約者いるor結婚しているんだなあ」って印象に残っただけじゃないかな。それに加えて警察の性で、所帯持ちなのか、貧乏なのか金持ちなのか、情報提供者の現状を探るクセもあったと思うし。

 

 「女性の左手薬指を確認したら好意がある」って私はピンとこなかったんだけど男性はそういうものなのかしら?