魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

【レビュー】映画『関ヶ原』観に行ってきた

岡田准一主演『関ヶ原

 石田三成(岡田准一)と徳川家康(役所広司)は元々、秀吉の家臣であった。

しかし秀吉の死により、家康と三成の対立が激化。次世代の政治の主導権をめぐる大規模な戦い、関ヶ原の戦いへと発展していく。

 

感想・レビュー(ネタバレ有り)

 難しいです。歴史や戦国大名に興味ないと理解できないと思う。実際、映画が終わったあとお客さんが「難しい…」ってザワザワしてました。

 これから観に行くよって人はちょっとネタバレを見た方が内容を理解できるかもしれません。

 

 これから観に行く方はひとまず

西軍が三成で東軍が家康だと頭に入れておいてください。

 もしかしたら、劇中でコレ↑さへも読み取れない人がいるかもしれない…。

 関ヶ原の戦いはなぜこういう結末になったのか?ってところが味だと思うので、誰が味方で誰が敵なのかちゃんと理解せねば面白さ半減ですよ。

 

以下がっつりネタバレ

 三成(西軍)は戦いの日、有利な陣形(東軍を挟み撃ちする形)を組めたはずだった。

しかしながら戦いが始まってみると毛利軍と小早川(東出昌大)の軍が戦に参加していない。これらの裏切りによって一転、西軍は追い詰められていく。

 

 こんな内容だったと思うんだけどあってるのかなあ?

 

 個人的には忍(しのび)に見えないスタイルの有村架純と、東出昌大が下手くそなのが印象的すぎて…。

 東出さんは表情だと演技できてるのに声がダメなんか?第一声めっちゃひどかった。

有村架純はとてもじゃないけど機敏そうに見えなかったしなあ。ここはミスキャストじゃないかな。

 逆に和田正人はオカマ役のイメージしかなかったのに、すごいハマってた気がする。男っぽい役も合うんだなって印象でした。

 和田正人ってこの人ね。吉木りさと付き合ってるんだっけ?

 

 観終ったら「結局三成って何した人よ?」ってなるからもっと秀吉が生きているシーンが多くても良かったのかも。

※三成は”五奉行”といって秀吉政権の実務を行う官僚でした

 

 「関ヶ原の戦い」ってすごく有名だし、石田三成知名度あるのに、そのすごさが上手く伝わってこないというか…。難しい映画だったなあ。

 別に私が映画を制作したわけじゃないけど、もうちょっとわかりやすくできないもんかとちょっと悔しくなってしまった。(笑)