魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

女性ホルモンを意識したら美肌・美髪になってきた

美肌・美髪って女性にとって永遠の課題

煽り画像・そうともこれが現実ってやつさ

 肌がきれい・髪がきれいだと美人度がUPするんだけど、なかなか成果が出ないのも現実。

 肌がキレイな人は本当に3割増しくらいに美人に見える気がします。『色白は七難を隠す』って言いますが、正しくは『美肌は』だと私は思いますね。

 

 みんな美肌・美髪になりましょう

って言ったって、そんな簡単じゃないのは女性なら経験済みなはず。

 合う化粧水やトリートメントを見つけるのだってすごい時間かかるし。それが高価なモノだったら継続するのはお財布的に厳しいしね。

 

 私もそんな悩みを持っていたんですが、ちょっと別件で興味があって『女性ホルモン』を意識した生活をしたら肌も髪もツヤツヤになってきたから紹介しておくね。

 

簡単に、本当に簡単に『女性ホルモン』について

 「女性ホルモン」に関しては調べれば腐るほど情報があるんでそんなに詳しくここでは述べないですよ~。

 女性ホルモンが増えることで期待できることを簡単にまとめるとこんな感じ

 顔が可愛くなるってどういうこと!?って思ったのでちょっと調べました。

どうやら女性ホルモンが増えると目が潤んだり唇がふっくらしたりと女性として魅力的な顔になるらしいです。そんでもって肌もきれいになるから最強です。

 

 別名『モテホルモン』『美人ホルモン』とも呼ばれるらしいですが、これだけ効果があれば納得ですね。

 

『女性ホルモン』を増やす生活へ

 食生活・睡眠・運動・恋愛…さまざまな方法で増やすことが出来るんですが、私は(自分が)わかりやすく食生活からアクセスです。

 

 何を食べたら「女性ホルモン」が増えるのかも、ネットにたくさんあるので、取り入れられる食材からチャレンジしてみたらいいと思います。

 

 私の場合は、納豆・豆腐(イソフラボン)、キャベツ(ボロン)、かぼちゃ(ビタミンEあたりを積極的に摂取していました。

 このあたりの食材は使い道も多いですし、お値段も優しいのでね。あとおやつはスナック菓子じゃなくてナッツ系を意識して取るようにしたり。

 

 こればかりを食べるというよりは、一品は『女性ホルモン』を意識したモノを作るようにしました。

 簡単なものだと、塩キャベツ(キャベツと塩昆布を和えるだけ)とかかぼちゃの煮つけとかね。 もちろんメイン食材になる日もあります。

 

 理想は「バランスの取れた献立のなかに女性ホルモンを増やせるメニューが有ること」だと思うので、こればっかり無理して摂るのはオススメしません。何事もバランスが大事ですよ。

 

 食事で足らない分はトキメキ(恋愛)でカバーです。恋人がいなくても、映画や漫画、妄想なんかでもOKなのでどんどん活用していきましょう。私も少女マンガ引っ張り出してこなきゃ!

 美肌・美髪になるぞー!そしてあわよくば顔も可愛くなって美人になるぞー!