魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

【感想】 『キングを探せ』 法月綸太郎:真実はいつもひとつ!

『キングを探せ』法月綸太郎 あらすじと感想

〈あらすじ〉

 繁華街のカラオケボックスに集う四人の男。めいめいに殺意を抱えた彼らの、今日は団結式だった。目的は一つ、動機から手繰られないようにターゲットを取り換えること。トランプのカードが、誰が誰を殺(や)るか定めていく。

 四重交換殺人を企む犯人たちと、法月警視&綸太郎コンビの、熾烈な頭脳戦をご堪能あれ!

 

〈感想・ネタバレ有り〉

 四人の男がカラオケボックスに集い、烏龍茶とコーラで乾杯するところから物語は始まります。

 ゴミ拾いのボランティアで出会った彼らに接点はなかった。あるのは、めいめいが誰かに殺意を抱いていて、自分が疑われることなくターゲットを殺したいということ。

 

 という感じで物語がスタートします。

 私ね、ミステリーが好きで結構読んできたと思っているんですけど『交換殺人』って初めて読みました。新鮮新鮮!

 交換殺人を行うことによって、殺人犯とターゲット間には動機が存在しないわけなので(何なら接点もない)、犯行がバレにくい・容疑者として名が上がりにくいってことらしいです。実際に殺意を持っている人は、その時間はアリバイを作って…っていう。

 

 うん。コナンとか金田一とかの犯人もこういうの利用すべきだなあって思って読んでました。彼らは殺意と行動が直結しすぎてるよね。

そこら中に散りばめられているヒントたち

 物語のスタートが四人の男たちなので、彼ら視点で読んでいたらコロッと法月親子の視点に乗っ取られちゃいますよ~。主役はこっちだったんですね。

 知らなかったんですけど、法月綸太郎のシリーズがあるそうですね。

 

 渡辺清志はくじの結果、一番に殺人を起こすことになった。これはね、わかりやすい伏線が張られてます。『高そうなコピー機』とかね。

 殺人に成功した渡辺清志は偽札を掴まされてしまって(本人は本物だと思っている)、偽札を使ったときにパニックになって飛び出したらトラックに轢かれて死んでしまうんです。

 もうね、ここまでがスピーディーというか、あっけなさすぎてちょっと先行き不安になりました。

 他の三人もあっけなく死んじゃったらどうしよう…!ってね。

 

 警察は、渡辺清志の偽札の出所と渡辺清志の接点に疑問を持つんです。「この2人の接点はなんだ?」って。そこで『交換殺人』を綸太郎たちは思いつくんですが、母数(関わっている人数)が分かってないと難しいんですね。捜査は難航します。

 

「高そうなコピー機」とか、なんでこんなにわかりやすい伏線にするんだ!って思っていたんですが、これがないと『交換殺人』に気付く入口がないし仕方がなかったのかなあ、と読み終わって渋々納得です。

 

 個人的には警察が『交換殺人』に気付いたことを勘付いた犯人サイドの機転が見事で。やっぱこういう作品は犯罪者側にブレインがいないとダメだなあと感じます。

 

 ターゲット推測のミスリードや、手紙を読んだ時の犯人サイドの反応が伏線になっていたり、一巡ではサラっとした印象を受けて読み流しましたが、実はなかなか緻密な作品なんじゃないかと思います。

 これは2巡目に伏線の多さにビックリするパターンだな…。

 

 結局のところ、死人は出ているけど『交換殺人』は誰も成功していないっていうのが皮肉だなあという感じ。

『交換殺人』は確かに容疑がかかりにくい利点があるけど、誰かがしくじったり、仲間割れしたり、そういうデメリットさえもミステリーに組み込まれているのは流石だった。