魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

【感想】犯人を導き出せ!: 『伊藤博文邸の怪事件』 岡田秀文

伊藤博文邸の怪事件』岡田秀文 あらすじと感想

〈あらすじ〉

 明治十七年、伊藤博文邸の新入り書生となった杉山潤之助の手記を、小説家の「私」は偶然手に入れた。そこに書かれていたのは、邸(やしき)を襲った、恐るべき密室暗殺事件の顛末だった。奇妙な住人たちに、伊藤公のスキャンダル。不穏な邸の空気に戸惑いつつも、潤之助は相部屋の書生・月輪龍太郎とともに推理を繰り広げる。

 

〈感想・ネタバレ有り〉

 まず初めに…すっごい読みにくい!

 会話が独りよがりというか、長い。名探偵コナンの推理のセリフを文字にするとこんな風なんだろうなって感じ。一人でどんだけ喋るんだ…みたいな。

 

 伊藤博文邸で密室殺人事件が起こった。アリバイを主張できたのは潤之助とその相部屋の龍太郎の2人だけ。2人が事件について探っていると、また殺人事件が起こって…。

 いったい誰が犯人なのか、どのように犯行を起こしたのか。

 

 正直、犯行に関するトリック(?)とか、動機とか、あんまりおもしろくなかったです。

 この作品で一番興味を持ったところは、2人の書生と津田嬢以外はほぼ密偵であるというところ。

 過激な民権活動家が伊藤博文公の暗殺を企てていく情報をつかんだ警察が、博文公の警護と暗殺の詳細を得るために博文邸に紛れ込んでいたのだ。

 当時は、書生を装って邸に入り込み殺害をするという事件が頻発していたため、警察は先回りして潜んでいたのだ。

 

 問題は密室殺害が起こって、潤之助と龍太郎(外からやってきた2人の書生)のアリバイが主張されてしまったということ。

 犯人候補は邸に侵入している警察官となってしまったが…。

まあ、これはつまらないトリックで明らかにされます。

 

 解説では2回の読了をすすめていました。なんか、それぞれの立場が明らかになった状態を頭に入れて読むと、セリフに別の意味が見えてくるらしいです。

 ですが、私はもういいです。私に合わなかったのか、なかなかページの進まない作品でした。