魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

洋服の通販サイトを退会したら、物欲がスルスル落ちていった

 洋服を断捨離し、通販での購入は控えるように過ごして1年は経ったでしょうか。

 このたびきちんと通販サイトのアカウントを処分し、退会しました。(やっぱ通販ってイイなと思ったらまた登録すればいいのです。)

 

 すると、洋服に対しての欲がスルスル減っていることに気が付きました。見えるところにあったら欲しくなるけれど、ちょっと距離をおくと意外とそこまで欲していないみたいです。

 

手の届かないブランドが買えちゃうアウトレットサイト

 すごく魅力的だったんです。

 自分じゃ手に届かないような価格帯のブランドが70%OFFになっていて、それなら買えるし、すごく得をした気分になります。

 でも、いざ届くと「これ本当に定価の価値あるのかなあ?」と思うようなことばかり。

 

 最近はアウトレット専用に製造されたアウトレット品がたくさん流通しています。

そもそもサイトの画像がアウトレット品であるのか正規品であるのかさえも分からないことに気が付きました。

 

 「アウトレットで服を買ってはいけないと主張する人もいるほど、正規品とアウトレット品には差があります。

 

 70%OFFといっても元値が高ければそこそこの金額になります。お金を払ってモヤっとするのは悲しいです。だから私は通販サイトを退会しました。

 

そもそも通販での買い物は難しい

 以前にも、服を通販で購入することについて言及したことがあります。

 

arasukkiri.hatenablog.com

 

 こちらでも書いたように、通販での買い物はなかなか難しいのです。生地感や透け感は特に画像からではつたわってきにくいです。

 

通販で購入する時は、画像がMAXだと思え

 つまり手に届く商品に画像以上のものはないよ!画像同等、それ以下のものが届くよ!ってことですね。

 確かに、自分が売り手の立場だったら、商品が一番良く見える画像を選んで使いますよね。「 写り方によれば、実物より良くなることもあるかも…?」と考えるとやっぱり画像がMAXなんですよね。

 

 多少お金が高くなろうと、商品の利点も欠点も納得してお金を払う方が絶対に良いです。

 不思議なことに、通販で期待していたレベルを下回る商品が届くと商品自体はそれほど悪くなくても欠点ばかりが目について、その商品を使っていても良い気分にはなれないのです。

 

 あとWEARやらコーデスナップのサイトの商品をそのまま買うのもちょっと危険。彼・彼女らは善意でやっているわけではないですし、キレイに見える角度・立ち位置で撮り、加工もしています。「色味・形はこんな感じ」と参考程度にとどめておくのが良いかと。

 

もう一つ通販で購入する前に覚えておきたいことがあります。

人は選択肢が多い程、最善の選択を取ることが難しくなる

 3つの中から一番良いモノを選ぶことができても、10コの中から一番良いモノを選ぶのは難しいそうです。

 数が増えると、比較項目も増えます。服で言うと値段が安いだとか、質がどうだとか、ブランドがどうだとか。良し悪しの判断材料の何に重きを置くか、判断材料が多くなると頭がパニックになるそうです。

 選択肢が多いと、結局適当に選んでしまうそうです。

 

 私が活用していたアウトレットサイトには2~3万点の商品があったので、その中から自分のベストを選べていたかどうかは…。

 もちろん上手に使えれば手軽ですし、お得です。でもそれにはコツが必要なのです。

買う気がなくてもサイトを覗くと欲しくなっちゃうよ

 サイトに登録したままだと、買う予定がなくてもサイトをついつい覗いてしまいます。ついでに気になったものはお気に入りにいれちゃう。

 

 サイトを退会すると、なんとなくサイトを見に行くということがなくなります。

 アレもコレもイイ!キープ!とそれまでは思っていましたが、見る機会がなければそんな思いもどこかへ行ってしまいました。

 お気に入りに入れていた商品の存在を忘れてしまったということではなく、それは今現在でも思い出せるのですが、不思議と欲しくならないんです。

 サイトに登録していた時と今では欲する熱量が全然違うなと感じています。

 

 サイトを覗かないだけでもずいぶん物欲が減っています。

「欲しいけど買わない」は我慢ですが「そんなに欲しくないから買わない」は我慢でもなんでもないので、同じ「買わない」でも精神的にすごく楽です。