読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

【読書】 恩田陸 作品 感想 【一覧】

恩田 陸

 1992年六番目の小夜子でデビュー

 郷愁を誘う情景描写に巧みで「ノスタルジアの魔術師」と称される。ファンタジーの賞からデビューしたが、ジャンルの枠にとらわれず、SF、ミステリーまたはクロスジャンルの作品と、幅広く執筆している。

 作中で描かれる風景は実在していることが多く、電車やバスに乗り旅行して車窓からずっと何時間も小説の種となる特異な風景を探している。

 

 受賞歴

 ちなみに、同作品の直木賞本屋大賞のダブル受賞及び同作家2度目の本屋大賞受賞は、史上初である。

恩田陸 - Wikipedia 参照

 

【作品 感想 一覧】

 !!一般的な書評をまとめたものではなく、個人的な読書感想文です。

 随時更新予定。

 

 『不連続の世界』

arasukkiri.hatenablog.com

 

『中庭の出来事』

arasukkiri.hatenablog.com

 

『三月は深き紅の淵を』 個人的オススメ!

arasukkiri.hatenablog.com

 

『ドミノ』

arasukkiri.hatenablog.com

 

『ユージニア』

arasukkiri.hatenablog.com

 

『朝日のようにさわやかに』

 

 ネバーランド

arasukkiri.hatenablog.com

 

『光の帝国』

arasukkiri.hatenablog.com

 

 『木漏れ日に泳ぐ魚』

arasukkiri.hatenablog.com

 

 夜のピクニック』 第26回吉川英治文学新人賞・第2回本屋大賞 受賞作

arasukkiri.hatenablog.com