読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

あら不思議!服の数が減っても困らないでやってこれてる

「なんであんなにたくさん所有していたんだろう?」

 2年ほど前から服を断捨離していますが、今のところすごく快適です。

 服って意外とダメにならなくて捨て時がわからなかったり。勢いで買ってしまったもののあまり気に入っていない、とか。増えるのは簡単なのに、捨てるタイミングが難しい。断捨離はそんな服を”手放す”ことを考えるきっかけになりました。

 

 かつての所有数には戻りたくないなー、というのが本音です。

本当にどうしてあんなに持っていたんだろう?

 

 多くない枚数で満足できているのは、”着る服”を残せたことだと思っています。

”いつか着るかも”という服を処分して”いつでも着れる服”をしっかりと活用するようにしたら、少ない服でも全然困らないことを知りました。

 

 そういえば、ホラン千秋

『ちょっとしたパーティーに良いですよ~って言われてワンピースを買ったんですけど、普段着るには畏まりすぎているし、かといって正式な場には着れないし、全く着れないんですよ』と言っていました。

 

 当時は『あるある~』なんてすごく共感しました。

だけどそういった服はいつまで持っていても着ることはなかったので、処分しても困ったことにはなりませんでした。ちょっと悲しかったくらい。

 服は”もしも”を想定して購入すると、逆に高くつくこともあるのだ、というのが教訓です。

 

「服装=身だしなみ」という考えだから可能なのかも?

 あなたにとって『お洒落』とはどういう存在ですか?

「お洒落が大好き!」だったり「お洒落で気分が高まる」という人は断捨離しなくても良いのではないかな?と個人的には思います。

 お洒落大好きな人が、服をたくさん持っていたり、服にお金をたくさんかけるのは、全然OK!むしろ健全です。

 

 問題は私の様な「お洒落は嫌いではないけど、そこまで…」という人間。

自分にとって”お洒落”とは何なのか?を問い詰めていくと私の中では『お洒落=身だしなみ』という考えにいたりました。

 

 学生の頃はそれこそ毎日違う服を着て、流行を追って、お金もそれなりに使ってきましたが、毎日毎日コーディネートを考えることは好きではなくむしろ苦痛でした。

きっと「お洒落がしたい」という思いよりも「お洒落にみられたい」という思いの方が大きかったのだと思います。

 

 今は服を選ぶときにTPOだったり、清潔感があるか、を重視しています。

服をたくさん持たないかわりに、シワや毛玉はきっちり処理しています。靴や鞄だってきちんとケアをしたらキレイに見えるし愛着も湧いてきます。

シンプルなモノをきっちり着こなす

ここにバリエーションは必要ありません。

 私にとって服との付き合い方はこんな感じが合っていたみたいです。