読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

前向きのヒント帳

嫌な人を見たら…


お金持ちで人間的にも優れた人が言っていたが
嫌な人に遭遇したら、「勉強させてもらいました。もう十分ですありがとう」
と、心の中で拝むんだと。
すると不思議、嫌な奴が後腐れなく去っていく、関わらなくなるらしい。

 こういう精神的に豊かな生き方は羨ましいなあ。

自分に非がないと自覚できるのなら、いつまでも暗い感情を抱かないで流せるようになればいいのですね。

 

「人は生きたように逝く」

「人は生きてきたように死ぬ」と、よく聞きます。

とても花を愛し大事にして生きたある女性の葬儀は、
図らずとも偶然が重なり沢山の花に飾られたそうです。

花も盛りの四月に彼女は逝き、満開の桜の中火葬。
棺にぎっしり詰めた花の色は火により彼女の骨に移り
綺麗な淡い紫がかった桃色に染めあげ、また火葬と共に嵐が来て
火葬が終わる頃に満開だった桜の花びらをごっそり空へ舞い上げていったとか。

そして葬儀屋の都合の悪さと近所のお寺の住職の好意が重なり急遽
花祭りが行われている最中のお寺の本堂を借りて
お葬式が執り行われたそうです。
これらの不思議な偶然を目の当たりにする度、参列した
親族一同に喜びの歓声があがる、そんな素敵な葬儀だったそうです。

私はその女性と直接の知り合いでは無いのですが
その葬儀の話を聞いただけで生前彼女がどれだけ
花を愛し、花を大切にしてきたかよくわかりました。

 すごく素敵だなあ。

「人は死ぬ時にその人の人徳がわかる」と聞いたことがありますが、人間関係に限らないのかもしれないですね。

 どこかで、

『飼っていた猫をとても大事にしていたおばあさんのお葬式に、野良猫が集ってきた』というお話を聞いたことがあります。

 そんな生き方をしていけますように。

 

 

広告を非表示にする