読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

七五三ってどうすればいいの?七五三のいろはを解説します

七五三のシーズンはもうすぐ

 七五三といえば、晴れ着に身を包んだ子供たちの姿が印象的ですよね。

しかし、そもそもは何をするものなのか、ルーツはどこにあるのか、詳しいことはあまり知られていません。

七五三は何をするものなの?

 日本の伝統行事の1つです。

7歳・5歳・3歳を迎えた子どもの成長をお祝いし、これからの健やかな成長を祈ります。

 神社でお祓いを受け、祝詞(のりと)をあげてもらい、その後、お守りや千歳あめなどをいただくことが多いです。

 男女で七五三に行く年齢が異なるのは知っていますか?

男児は3歳(省く場合あり)と5歳、女児は3歳と7歳。

 本来、数え年で行うものですが、最近では、満年齢の年を選ぶ人が増えています。

 

いつ・どこで行えばいいの?

 11月15日に神社に参拝するのが一般的とされています。

ただし、必ずしもこの日にこだわらなくてもかまいません。多くの人がこの日に集中するため、ここ最近では、10月中旬以降や12月上旬など、1カ月ほど時期をずらす人もいます。

 

 『どこの神社に行かなければならない』といった決まりはないので、好きな神社を選んでください。地元の神社を参り、日々の生活を見守ってもらおうという考え方もあれば、お宮参りをした神社や有名な神社に行く人もいます。

最近の傾向はこんな感じ

 せっかくの機会だからと子どもの成長した姿を写真に残したり、日ごろは離れて暮らす祖父母が七五三に同席することも多くなりました。

 ホームパーティーやホテルで食事をする家庭もあるようです。

 

七五三のルーツは?

 平安時代、公家の間で大人への通過儀礼として行われていた、『髪置き(かみおき)』『袴儀(はかまぎ)』『帯解(おびとき)』が、ルーツと言われています。

 『髪置き』は3歳のお祝い。赤ちゃんのころは剃っていた髪を”3歳にもなれば自分で手入れできなくては”と、この日から伸ばし始めます。

 『袴儀』は5歳男児が、成人男性の正装であるはかまを初めて身に着けるもの。

 『帯解』は、7歳女児が着物に着けていたひもを外して、大人と同じように帯を締めるようになります。

 

 現在のように、晴れ着姿でお参りをするスタイルが出てきたのは江戸時代。戦後に一般庶民に広がりました。

 

参考資料⇒LIVING(10月1日)