魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

穏やかな性格になりたい。周りも自分も大切にできる人間へ

嫉妬心やイライラに他人だけじゃなく自分も傷ついている

LINE,ライン,twitter,ツイッター,煽り,レス,使える,画像,まとめ

 

 きつい言い方をしてしまった。八つ当たりしてしまった。言わなくてもいいことを言ってしまった。

 もう少し優しい考え方ができたら…。穏やかな性格だったら…。なんて思うことはありませんか?

 

 他人の幸せをうまく祝福できない時、その人を不快にさせてしまうだけでなく、実は『こんな感情を抱いてしまう自分が嫌だ』と自分も傷ついているかもしれません。

 相手に冷たい態度をとってしまったことはもちろん反省して、反省した後は、「穏やかな性格になりたい」と思うほど傷ついている自分自身にも気にかけてあげてくださいね。

 

 周りも自分の大事にできるように、穏やかな人になれる方法を調べてみました。

 

穏やかな人になる3つの方法

1.まずは表情作りから
2.『許す』・「怒り」をコントロールするトレーニング

3.穏やかな人の性格をイメージしてみる

LINE,ライン,twitter,ツイッター,煽り,レス,使える,画像,まとめ

 

 どういうことかと説明しますと…。

  •  イライラ~っとしていてもひとまず笑顔を作ってみる。表情に気持ちがつられることもあるので、まずは形から「穏やかな人」になってみる。

 

  •  「怒り」がおさまらない時は深呼吸をする。深呼吸は気持ちを落ち着かせる効果もある。「この行為をしたら怒りがおさまる」というのを自分自身に覚えさせることで、怒りの感情をコントロールできるようになる。

 

  • なりたい穏やかな人を思い出してみる。どんな性格をしてる?行動はどんな感じ?穏やかに生きるヒントやイライラとの上手な付き合い方が見えてくるかもしれない。

 その人と自分はどこが違うのか。どうすれば近づけるのか自己分析してみましょう。

 

  優しい毎日がおくれますように。

 

ちなみに私はこんな人生がおくりたい

お金持ちで人間的にも優れた人が言っていたが
嫌な人に遭遇したら、「勉強させてもらいました。もう十分ですありがとう」と、心の中で拝むんだと。
すると不思議、嫌な奴が後腐れなく去っていく、関わらなくなるらしい

 

  こんな風に精神的に豊かな生き方は本当にうらやましいですね。

自分に非がないならなおさらスパッと割り切ってしまいたいもん。

 

 

 

 「人は生きてきたように死ぬ」と、よく聞きます。

とても花を愛し大事にして生きたある女性の葬儀は、 図らずとも偶然が重なり沢山の花に飾られたそうです。

花も盛りの四月に彼女は逝き、満開の桜の中火葬。
棺にぎっしり詰めた花の色は火により彼女の骨に移り 綺麗な淡い紫がかった桃色に染めあげ、また火葬と共に嵐が来て 火葬が終わる頃に満開だった桜の花びらをごっそり空へ舞い上げていったとか。

そして葬儀屋の都合の悪さと近所のお寺の住職の好意が重なり急遽 花祭りが行われている最中のお寺の本堂を借りて お葬式が執り行われたそうです。
これらの不思議な偶然を目の当たりにする度、参列した 親族一同に喜びの歓声があがる、そんな素敵な葬儀だったそうです。 

「人は死ぬ時にその人の徳がわかる」という話を聞いたことがありますが、それは人間関係に限らないのかもしれないですね。

 『飼っていた猫のお世話を熱心にしていたおばあさんの葬式に野良猫が集ってきた』というお話を聞いたことがあります。

 まっすぐ真摯に生きていきたいなあ。