読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

穏やかな人間になりたい。周りも自分も大切にできる性格へ

嫉妬心やイライラは時に他人だけじゃなく自分も傷つける

 日常生活のなかで、毎日スッキリ!なんて人間は存在しません。

だけど、もう少し優しい考え方ができたら…。穏やかな性格だったら…。なんて思うことはありませんか?

 他人の幸せをうまく祝福できない時、その人を不快にさせてしまうだけでなく、実は『こんな感情を抱いてしまう自分が嫌だ』と自分も傷ついているかもしれません。

 周りも自分の大事にできるように、穏やかな人になれる方法を調べてみました。

 

穏やかな人になる方法

1.まずは表情作りから

 穏やかな人になるためには、まずは形から入ることをおすすめします。

 人は感情によって表情が変わると言われていますが、その逆もあると言われています。

 つまり先に選びたい感情を作ってしまえばその表情の感情に変化させることが可能なのです。


2.『許す』・「怒り」をコントロールするトレーニング

 ミスをしてしまった人や、嫌なことを言われた・された時や、あまり好きになれない人などを「許す」ように心がける・怒りの感情をコントロールするトレーニングです。

 まずは自分が怒りを感じる時を察知できるようになりましょう。

 そして怒りの感情が出たと思った時にはその感情に反応しないように注意し、まずは深呼吸を数回してみるようにしましょう。

 深呼吸には気持ちを落ち着ける効果があるので、数回行うことにより怒りがおさまる場合があります。これを怒りの感情を感じた時に毎回行うようにすれば、怒りがでるようなことも少なくなるため、穏やかでいられるようになります。

  

 他人に対する怒りは、他人の行為によって作り出されているので、その原因となる相手をまるごと「許す」ことによって、全てを解消することができると言われています。

 このトレーニングを繰り返すうちに、「他人を許すこと=気持ちが解放され楽になる」とされています。

 この習慣が身につけば不快な感情になる機会も減り、穏やかな気持ちで過ごせるようになるでしょう。これにより、穏やかな人に近づくことができるのです。

 

 

3.穏やかな人の性格をイメージしてみる

  •  あなたが思う穏やかな人とはどんな人間ですか?
  •  どのように周りと付き合い、影響を与えていますか?

 そこから自分がどのような穏やかな人になりたいかを考え・イメージすることにより、自分の理想の穏やかな人に近づけるようになります。

 その人と自分はどこが違うのか。どうすれば近づけるのか自己分析してみましょう。

おだやかな性格のヒントがたくさん見つかるはずです。

参考⇒https://welq.jp/7575

 

  優しい毎日がおくれますように。