魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

「雑誌のコーディネートをそのまま真似るのはダサい」という考えから脱却することで、お洒落の最短ルートを歩く

自分の中にあった「ファッション誌をそのままはなんかダメ」という考え

 ファッション誌やスタイリスト本を読んで「あ、この組み合わせ可愛い」と思っているにも関わらず、ちょっと自分でアレンジを加えていたことに気が付きました。

「良いと思っているんだからそのまま着ればいい!」

 こんな単純で一番簡単なお洒落ができていなかったのです。

アレンジを加えたことで、むしろちょっとダサくなっていたことも…!

 

 もちろん流行全面押しのようなスタイルは雑誌そのまま…というのは抵抗があります。(私は)

 ですが、流行にとらわれていないスタイルを提唱している本や雑誌のコーディネートならば長く活用できるはずです。

 

☆お洒落を”したい”のか、お洒落に”思われたい”のか

 断捨離を通じて『少ない服でお洒落』をしたいようになりました。

ここでいう『お洒落』とは、”お洒落に見える”ことだと思っています。

 

『服をたくさん持つとかえってダサくなる』『バリエーションの呪い』という言葉を耳にしたことはありませんか?

 ”お洒落に見える格好がしたい人”というのは実はそんなに多くの服を所有する必要はないのです。

 お洒落が”したい(楽しみたい)”人には言えることがありません。自分のお財布と相談して楽しんでください。

☆断捨離で見えてきた自分の好みを生かして

 服の断捨離の着地点は、微妙な服を処分することで”常に納得のいく服が着られること””自分の好みが明らかになること”だと私は思っています。

 

 断捨離でお洒落になった!という意見もあれば、保守的・地味な格好ばかりになってしまった!という意見もあります。

 服をたくさん管理したくない。少ない服でもお洒落でありたい!

そんな人は『お気に入りのコーデを真似っこ』はどうでしょうか?

 

☆お気に入りBEST1コーデはそのまま採用しよう!

 自分の好きな系統のファッション誌やスタイリスト本を見てみましょう。

同じような系統のコーディネートであっても惹かれるものとそうでないものがありますよね。

 そのなかでお気に入りBEST1のコーディネートを決めましょう。

 そのコーディネートはあなたのなかで一番お洒落で、一番好感が持てて、一番好きな格好ですよね。

ではそのコーディネートをマネしましょう(ブランドは別でもOK!)。

 このコーディネートの日は自分の中で最大のお洒落ができているはずです!

 

 このBEST1コーディネートを1つか2つ持っておくと、余裕がない時やいざという時にすごく便利ですよ。

 1回しか着ちゃダメだという決まりはないし、週に1回着るとすると、月に4回はベストコーディネートが組めるという計算になりますね。