読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

【感想】 本好きにオススメ 『三月は深き紅の淵を』恩田陸

読書

『三月は深き紅の淵を』恩田陸 あらすじと感想 

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)

 

 〈あらすじ〉

 鮫島巧一は趣味が読書という理由で、会社の会長の別宅に二泊三日の招待を受けた。彼を待ち受けていた好事家たちから聞かされたのは、その屋敷内にあるはずだが、十年以上探しても見つからない稀覯本(きこうぼん)『三月は深き紅の淵を』の話。

 たった一人にたった一晩だけ貸すことが許された本をめぐる珠玉のミステリー。

  • 第一章 待っている人々
  • 第二章 出雲夜想曲
  • 第三章 虹と雲と鳥と
  • 第四章 回転木馬

 

〈感想・ネタバレ有り〉

 四つの独立した中編が、幻の本を絆にゆるく結び合わさっているというった構成になっている。

 話が繋がっている訳ではないにも関わらず、第二章以降は第一章で得た知識がまるでデジャブを感じさせるように話が進んでいく。

 これが不思議な感覚で、でも次を求めてしまうような感覚をもたらしていた。

 

 『三月は深き紅の淵を』を読書家にオススメするのは、本作の1,2章が読書家たちによる”幻の本”の推理によって成っているからである。

 さらにその推理がミステリー仕立てになっているので、読み終えた後の満足感・達成感は十分なものであった。

☆読書家が語る”本”に思わず共感!?

本作のメインアイテムである稀覯本(きこうぼん)『三月は深き紅の淵を』

 この本が幻となったのには、この本にいくつかルールがあったからだ。

作者不明のこの本はもともと極端に発行部数が少なかった。それに加えて、発行してスグに本の回収が行われた。さらには以下のようなルールがこの本にはあった。

  • 人に譲渡してはいけない
  • コピーしてはいけない
  • 人に貸す際はひとりだけ、されに一晩のみ

 第一章『待っている人々』

 主人公である鮫島巧一はこの本を探して欲しいと会長の別宅に招かれる。会長によると「本はこの別宅に隠してある」という会長の友人の遺言のもともう何年も探し続けているらしい。

 巧一が招かれた屋敷には他にも人がいて、どうやら彼らは一部(あるいは全部)本を読んだことがあるようだ。

 『続きを読みたい』『もう一度読みたい』読書家たいが口をそろえて言う本とはいったい…。

 彼らから本の内容を教えてもらいながら、読者は鮫島とともに「実際に読んでみたい」という欲を深めることになる。

本の隠し場所本の内容に関係があるのではないか?と彼が推理をしていくシーンも読みどころである。

 

 第二章『出雲夜想曲

 二人の女性出版社が幻の本の作者に迫ろうとする話である。

「本の作者は男性?女性?」「一人の人が書いた作品だと思う?」

これらの疑問に対する彼女たちの持論を述べあるシーンはとても面白い。

 この本を読むまで意識していなかったが、多数の本を読んでいると、本には性別があるのだと感覚的に理解していたことに気が付く。男性が書く文章と女性が書く文章には持っている温度が違うと私は感じている。なんとなくではあるけれど、文章を読むと女性作家か男性作家がわかるのはこのせいだと考える。

 

 作者はひとりか、複数か?

という疑問に関しての推理も見事で、この二章を読んで恩田陸さんは多重人格者なんじゃないかと思う私がいる。

 作者ひとり説の推理としては「あるモノにかんするイメージが一貫されすぎている」と女性編集者はしている。この考えはなかなか思いつかない。

私では説明不足であるが

 例えば『りんご』でイメージできることを思い浮かべて欲しい。

まるい・甘い・重力・赤いなど人によってまちまちである。それが『三月は深き紅の淵を』では一貫されているから作者はひとりであると考えるのだという。

 ちなみに『りんご』に関して私は「赤い」と凡庸なことしか思いつかなかったが小学生の女の子は「毒」だと言っていた。(白雪姫の影響らしい)

 

 普段感覚読みなしていたり、気に留めることのない部分が、理論的に推理に使われると、改めて読書の深さを感じる。

 本好きな登場人物たちが本についてあれこれ述べる面白さや共感は読書家にのみ理解できることだと思う。

 本が楽しいと感じている人には絶対に面白く感じられる作品だと思います。