読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

貯金できない人も自然と貯金できるようになる考え方

今度こそ貯金できるようになる

 昨今、雇用が安定しなかったり、正社員であっても低賃金、給料アップが期待できない、終身雇用の保証がない世の中となってしまいました。

 貯金をする理由は様々あるでしょうが、この世の中で貯蓄がないというのは将来不安を助長するでしょう。「お金を貯めなくちゃ」という考えをしっかり行動に移して、少しでも不安を減らしましょう。そのための考え方をまとめてみました。

☆貯蓄はダイエットに似ている

 ダイエットの基本は消費カロリー>摂取カロリーです。

食べる量よりも、体を動かして消費するカロリーの方が大きければ、必ず痩せていきます。

実は、これが貯蓄にもあてはまるのです。

『収入>支出』ならばお金は貯まります。

反対に『支出>収入』ではお金は貯まりません。

 

 『支出>収入』の状態が続くと、お金が貯まらないどころか、ジワジワと貯蓄を食いつぶす、さらには借金を作ってしまう可能性すらあります。

 

☆貯金方法 こうすれば貯められる

  1. 「貯まる仕組み」を理解する
  2. 貯まる人になる最短ルート
  3. 「残し貯め」で貯めるスピードUP!

1.「貯まる仕組み」を理解する

◆お金の流れを知る

 「貯まる仕組み」を作るための第一歩は「お金の流れ」を把握することから始まります。

 

 実家住まいの場合はさておき、一人暮らしの場合は「給料(手取り月収)=自由に使えるお金」ではありません。生活していくには、家賃・光熱費・通信費・食費・日用品…など、たくさんのお金がかかります。

「毎月、知らないうちに通帳の残高が減っていく」とか「給料日前はカツカツで不安になる」という人は、お金の流れが把握できていない可能性があります。

 出ていくお金にはいろいろあり複雑そうに見えますが、実はそうでもなく、3つのグループに分けられます。

◆3つに分類されるお金の使い道

①貯蓄

②固定費+光熱・通信費

 家賃・保険料・(習い事などの)月謝など毎月必ず出ていくお金

③やりくり費

 食費・日用品・交際費・衣類費など手元で管理するお金

 

 ここで自ら管理する必要なあるお金は③だけなのがお分かりいただけますか?

給料全額を管理しようとするとゴチャついてしまう人もいるかもしれませんが、その半分あるいは3分の1の金額であれば管理がグッと楽になります。

  収入-(①+②)=③やりくり費

2.貯まる人になる最短ルート

◆財形貯蓄や自動積立などを賢く利用しよう

 「余っていたら貯蓄」するのではなく先に貯蓄を確保してしまいます。貯めている人はほぼ間違いなく「先取り貯蓄」を採用しています。

 

 「先取り貯蓄」は、あれこれ考える必要がなく、手間のかからない方法で貯めるのが一番!「毎月決まった額」を給料天引きや自動引き落としなどで自動的&強制的に貯めます。

 財形貯蓄などの制度がある会社が多いと思いますが、無くても金融機関などに「自動積立定期貯金」があるので検討してみてください。

「先取り」で「毎月決まった額」を「自動的&強制的」に貯めるようにすることで「貯まる仕組み」が出来ます。あとは勝手に貯まっていきます。

 

 ちなみに「先取り貯蓄額」の目安」は給料の10~20%とされています。

が、無理は禁物!初めは目安で挑戦してみて、厳しければ減らす、余裕があれば1000円増やしてみる、など臨機応変に!

 肝心なことは、毎月一定額の貯金ができるということなので、少ないストレスで続けられる金額設定を。

3.「残し貯め」で貯めるスピードUP!

◆やりくり費が残ったら、それも貯めてしまおう!

 「残し貯め」は毎月の「やりくり費」の残りを貯める方法です。

やりくりに慣れてくると「あればあるだけ使ってしまう」体質が変化し、お金が残るようになるはず。

「残し貯め」専用の口座を作ると、急にお金が必要になったときの足しにできます。

「残し貯め」用は何かあったときにはおろしてもOKというルールにします。

いざというときに貯蓄以外の貯金(変な言い方ですいません!)があると気持ちに余裕が生まれます。

 

「残し貯め」は貯まるスピードもゆっくりなので、ないものと考えるのもありです。

3年後、5年後、10年後にはきっと嬉しいサプライズが待っているはずです。

 

「やりくり」上手になるには家計簿を活用せよ

やりくり法として一番ベーシックかつ有効であるのが家計簿

 やりくりが下手、お金が貯まらない人というのは、お金の流れや自分が何にいくら使っているのかということが把握できていないのです。

家計簿をつけていれば、やがて自分の金銭感覚や現状を把握できるようになります。そうすれば、最低限のやりくりはもちろん、貯蓄もスムーズにできるようになります。

年収1000万円以上の人でも、ちゃんと貯蓄している人は家計簿をつけていることが多いのです。

 その理由は

  • 自分が何にいくら使っているのか知りたい
  • 一カ月、いくらあれば生活できるのか知っていれば、収入減のアクシデントや老後の生活費の見通しがたつ
  • 自分のお金の使い方を把握できていないと不安だ

 というもの。

金の使い道を明らかにすることは貯金上手さんへの大きな一歩です。

◆私も挑戦してみたいと思った!ズボラさん向け「レシートノート」

 買い物のときにもらうレシートをノートに貼り、支出を把握してやりくりしていくほうほうです。

 レシートはそれだけで貴重な購入記録になります。

いつ・どこで・何に・いくら使ったのか、レシートを見ただけで丸わかりです。

 

 家計簿を逐一記入するのは、なかなか面倒くさいです。

レシートノートならば、レシートを貼り付けていくだけなので、ズボラさんにもオススメです。

 しかし、ただ貼っただけではあまり意味がありません。

定期的に集計したり、項目別に見てみたり、やりくりできているか確かめる必要があります。

●レシートノートは在庫表としても活用できる

 スーパーのレシートは「もやし20円、うどん50円×3点 150円、人参98円」など買ったものが1つ1つ印字されています。

 

印字された明細はそのまま在庫表にもなり、使い切ったものにマーカーで印をつけるなど活用できます。

 スーパーでまとめ買いする人に特にオススメ!

 

 私は今まで買ったものは金額と大まかな費目で手帳に書き写していたので、「レシートノート」は楽チンそうなのでやってみたいです。

食材を管理できるのも嬉しいですよね。

 

参考・引用⇒いつのまにかお金がなくなる人のための 今度こそ貯金ができる方法 (コスモ文庫)