魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

一井かずみ 新連載『きっと愛してしまうんだ』1巻・2巻・3巻 【感想】

一井かずみさんの新連載『きっと愛してしまうんだ』 感想

きっと愛してしまうんだ。(1)【電子書籍】[ 一井かずみ ]

価格:432円
(2017/9/26 15:50時点)
感想(0件)

〈あらすじ〉

 美人だけど近寄りがたいと言われている歩(あゆむ)とイケメンで有能、みんなの人気者の谷地。

 特に接点のない同期の二人だったけど、失恋してボロボロになった歩に、そっと手を差し伸ばしてくれたのは彼だった。

 おかげで、ほんの少し前を向くことができた…と思ったら、

初めて?今回のお相手はマイルドイケメン!

 一井かずみさんの連載作には『さあ秘密をはじめよう』『どうせもう逃げられない』があります。

 この2作のお相手男性はグイグイせまってくるタイプ。割と肉食系だった印象があります。

 今作の”谷地”は現状では好青年という言葉がピッタリの男性!前2作とはタイプが違う感じなので、どのように話が進んでいくのか楽しみでもあります。

ヒロインも以前と違って、割と自分をしっかり持っている様子なので、前作とキャラ被りせず読めそうです。

 

「きっと愛してしまうんだ 2巻」 発売予定日は11月10日です。

 

とても楽しみなんだけど1つだけ気になることがあるよ

 「絵はうまくない」なんて聞くこともありますが、お話が上手だったらまあいいかな、と私は考えるタイプです。でも確かに「下書き?」ってくらい線がシャッシャってなってて何を描いているかわからないときがある。コレはさすがにアウトなレベルだ。

 

『さあ秘密をはじめよう』→『どうせもう逃げられない』→『きっと愛してしまうんだ』

と作品が新しくなるたびに絵が雑になっていっているのはちょっとなあ…。普通は場数こなして上手くなるもんだよね?仕事いくらでもあるからいい加減になってんのかな?

 

 だけど本当に言いたいことはコレ!

 大きなコマ割りの時に簡略した絵をドーン!って使うのだけはやめてほしい!せっかくの大きなコマなんで丁寧に見せ所として描いてほしいです。

大きなコマなんで目立つし、安っぽく感じちゃう。他は適当でもいいから、見せ場だけは頑張って欲しい。

『きっと愛してしまうんだ』2巻

きっと愛してしまうんだ。(2)【電子書籍】[ 一井かずみ ]

価格:432円
(2017/9/26 15:56時点)
感想(0件)

会社の同期、谷地(やち)と同居をはじめた歩。はじめこそ戸惑ったものの、彼の素顔を知っていくうちに少しずつ気持ちの変化が…。

そんな中、祖父の退院が決まり谷地は引っ越すという。

何も言わずにいた歩だったが、退院当日、思わず出た言葉とは…?

新キャラクター里中さん(女性)登場

さあさあ、ついに2巻です。

里中さんという女性キャラが出てくるんですが、彼女も嫌われキャラで、ヒロインも嫌われキャラ(?)というなんともギスギスしそうな設定です。

里中さんは可愛い容姿に可愛い性格で、男性にチヤホヤされてしまうため、『媚を売っている』と嫌われているようです。

 

は?…お前ら、仕事しにきてんだろーー!

そんなこんなでボッチ同士、ヒロインと里中さんは仲良くなります。

あ、ちなみに里中さんは婚約者がいるので恋敵にはならなさそうです。

f:id:arasukkiri:20161116213421j:plain

 ちょっと歩と里中さんの見分けがつかないページがちらほら。

矢印つけたのが歩(ヒロイン)です。下が里中さん。

 

さくっと同居しているのがバレてしまう歩と谷地。

私としては「一緒に住んでいるのが周りにバレてしまわないかしら…!」というドキドキ感とか、秘密を共有することで良い感じになるのかと思ったんですが、そんな恋愛に超効果的なシチュエーションはサラっと過ぎ去っていきました。

 

あと、谷地が一人暮らしだと思って、訪ねてきた里中さん。里中さんの婚約者が谷地と仲良くて、結果里中さんとも仲良くて…でもあんまりコレ良くないよね?普通、来るなら婚約者と訪ねてくるよね?

 

歩の元カレ くまさんこと熊谷主任

f:id:arasukkiri:20161116213425j:plain

谷地と比べると随分大人っぽい印象。

これ絶対「ヨリ戻そうぜ」って展開あるよね。

2巻の出番はカッコよかったけど、この人幼稚な理由で歩を振っているからな。それにいい歳して就業中の社内恋愛している彼女にLINEで「わかれよう」だよ?ないわ~。

 『きっと愛してしまうんだ』3巻

きっと愛してしまうんだ。(3)【電子書籍】[ 一井かずみ ]

価格:432円
(2017/9/26 16:15時点)
感想(0件)

彼にちゃんと“好き”って言おうーー…

同期の谷地(やち)との同居生活はぎこちなくも順調に過ぎていく。谷地との距離が近づくほど、熊谷(くまがい)主任とつき合っていた過去を、彼に知られたくなかった歩(あゆむ)は、自分の気持ちに気づき、ついに本心を打ち明ける。そして二人は二度目のキスーー。その矢先、歩は熊谷のアシスタントに戻ることになり、さらに「やり直そう」と言われ…?

 

私は、3巻で購入断念です。

ちょっと出てくるキャラクターみんな子供っぽくて、あんまり読みたくなくなっちゃった。

f:id:arasukkiri:20170412181248j:plain

谷地くんは人気者なんですが、こうやって歩にわざわざ嫌味(?)を言いにくるモブ女がいたり。

「好きな子はいじめたい」ってメンタル小学生みたいな男性社員がいたり。(好意の先は歩だよ。だってヒロインだもの。)

ヒロインもだけど考えたことが勢いよく口からぴゅって飛び出るキャラクター多すぎる。あなたたち大人なんだからさ、ここ職場なんだからさって思わずにはいられませんよ。