読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

重量オーバーのドキドキを解消!『ラゲッジベルト』がなかなか優秀

雑学・ネタ

飛行機預け荷物の重量オーバーを回避!

 旅行の時、ついついお土産を買いすぎて、飛行機預け荷物の重量オーバーが心配…なんて経験をしたことはありませんか?そんな不安を取り除いてくれる『ラゲッジベルト』。GWにさっそく活用できそうです。

 

“量れる”スーツケース用ベルト「ラゲッジベルト ウィズ スケール」(ミレスト)を紹介する。いざという時に困らない正確さを備えているのかなど“使える度”を調べてみた。

計量できる仕組みとは?

 ラゲッジベルト ウィズ スケールは一見普通のスーツケース用のベルトだが、スケール機能が装備されているのが大きな特徴。スーツケースに巻き付けてベルトを持ち上げるだけで重さ が測定できる。

  • スケールの対応重量は3~35kg。

 ちなみに、JAL日本航空)とANA全日空)で預けられる荷物の重量は、国内線エコノミークラスで 20kgまで。最重量となる国際線ファーストクラスでも32kgを3個までなので、ラゲッジベルト ウィズ スケールで国内外線どちらもカバー可能だ。

ベルトが巻ける対応キャリーサイズは約100~180cm(外周)。容量89Lと35Lのスーツケースにもバッチリ巻けた!

ベルトには3ケタのナンバーロックが付属

ベルトには3ケタのナンバーロックが付属

持ち手をめくると液晶モニターが出現!

持ち手をめくると液晶モニターが出現!

電源を押すとデジタルナンバーが表示される。「KG」ボタンで表示される数字の向きを切り替えられるので、持つ向きを気にしなくていい。ちなみに、ボタン電池(LR44)2個で稼働する

ベルトを持ち上げれば測定が始まるので、スーツケースを浮かせたまま3秒程度キープ

ベルトを持ち上げれば測定が始まるので、スーツケースを浮かせたまま3秒程度キープ

3秒以上経過してから地上に降ろすと重量が確定した。100g単位で測定できる

 

  引用*http://azby.fmworld.net/gpp/cs/article/1245931/

 

実際の重量と計測値の誤差は最大でも0.3kg!中身のバランスを不安定にしてもほぼ正確な値を出すことができた。測定値は信用しても良さそうだ。

 

 なんといっても普通にスーツケース用のベルトとして機能しながらスケールにもなるのが良い!計測のために荷物を増やさなくて済むところが旅行時には助かる。

 ただ測定のためには荷物を持ち上げる必要があるので、サイズや重量が増すと持ち上げる人にかなり頑張りが求められる。“3秒浮かせてキープ”できないと始まらないアイテムではあるものの、そこをクリアできれば測定の精度は上々。若干の誤差とラゲッジベルト ウィズ スケールの重量(166g)を考慮して、重量制限より500g程度少なめに荷物を詰めると安心できそう。

迷彩のほかに、ライトグリーン、ネイビー、オレンジ、レッドもラインアップ。価格も4000円強と手頃なので、プレゼントとしてもオススメ!

 

 GW、夏休みと旅行にこれを所有しておくと重量オーバーにドキドキしないで済みますね。