読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

お部屋づくりの参考に!狭い部屋を”広く”見せるコツ

インテリア

広くても”狭く”感じる部屋と狭くても”広く”感じる部屋

 十分に広い部屋なのに”狭く”見えたり、反対に広い部屋ではないのに”広々として”見えたり。その違いは、部屋のインテリアや家具の配置や、見せ方によることが主な理由なのです。

 

★お部屋を広く見せるポイント

1.床や壁の色を明るくする・自然光が入るようにする

インテリアテクニックの白壁 一般的に明度が高いと、 人はスペースを広く感じます。

 室内で最も大きな面積を占める壁と床を明るい色にすると、部屋は広く感じます。この場合、純白でなくても、アイボリーや白っぽいグレーでもOKです。白ではつまらないという場合は、できるだけ淡いパステルカラーを選びましょう。

 また、柄物の壁紙を選ぶ場合は、できる限り淡い色で輪郭のはっきりしないものや、
小さな模様のものを選ぶと良いでしょう。

 

2.部屋を広く見せてくれる柄
  • 柄は小さな柄がおすすめ

大きな柄は部屋を狭く感じさせてしまいます。部屋が狭い場合、無地のモノをおすすめしますが、どうしても柄を使いたい場合は小柄を意識してください。

インテリアテリアテクニックの柄

 

  • 縦のライン強調すると広く感じる

インテリアテクニックの縦ストライプ

 天井が高いと、部屋が広く感じます。 吹抜けの空間などは開放感があり、実際の空間よりもかなり部屋を広く感よね。

縦のストライプ柄の壁紙や、縦のラインを強調するようなアイテムを活用すると目の錯覚で天井が高く感じ、部屋を広く感じることができます。

 

 

 

3.床を広く見せる

 見た目の床面積が広いほど実際よりも部屋が広く感じられます。家具は床面積の3分の1以下に抑え、床面が多く出るように配置しましょう。

 家具の配置も、収納家具やソファなどをあちこちに分散させず、壁際に寄せて配置します。このようにすると、中央に床面が多く出てゆったりと感じます。

インテリアテクニックの家具のレイアウト

4.鏡を使う

インテリアテクニックの鏡 鏡は、部屋を広く見せるための格好のアイテムです。室内に大きな鏡を置くと、対面が映りこんで空間に奥行が生まれ、実際よりもずっと広く感じます。

戸外の眺めがいいなら、外の景色を映りこませるように置けば、開放感もひときわ。

 鏡を選ぶ時は、フレームの色や素材を他の家具と合わせて、うまく部屋にマッチさせるとお洒落です。

 

 

5.背の低い家具を選ぶ

インテリアテクニックの低い家具で広く見せる

 部屋を広く見せるためのポイントは、「背の低い家具を選ぶ」ことです。

 ある程度床が家具で埋まってしまっていても、空間の高い位置を開けておくことで、部屋が広く感じるという錯覚を 人間は起こします。

 ただ床にモノを置く癖のある人には正直オススメできません。この癖がある人は家具が低いとモノを積み上げてしまうらしいです。

 

 

 素敵なお部屋づくりに参考にしてみてください。

 参考サイト⇒ ://www.polaris-hs.jp/interior/hirokumiseru.html