読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

大迫力!壮大!『狼は瞑らない 樋口明雄』

『狼は瞑らない』樋口明雄 あらすじと感想

狼は瞑らない (ハルキ文庫)

狼は瞑らない (ハルキ文庫)

 

★<あらすじ>

 佐伯鷹志は、かつて警視庁警備部警備課に在籍し、SPとして、政治家の警護をしていたエリート警察官だった。いまは一線を退き、北アルプス立山連邦に挟まれた広大な山岳地帯で遭難者を救助する、山岳警備隊の隊員である。その佐伯を狙う謎の暗殺者集団。彼らは、警察と政界の闇を知り過ぎた佐伯を消すために送り込まれた”掃除屋”だった。

 

★<感想・ネタバレ有り>

 読み終えた瞬間の”達成感”がすさまじい作品だった。雪山で繰り広げられる男たちの死闘は、死と隣り合わせで、息つく暇もない。次から次へとハラハラする展開がやってくる。おもわず息をのむ、手に汗握る、グッと力んでしまう、気が付いた時には物語に惹きこまれているのである。

 

 物語は三部構成で、第一部は佐伯鷹志の幼少期、第二部はSP時代、そして第三部が物語のメインである山岳警備隊隊員となっている。

 第三部を読み始めて、始めは第一部、第二部の必要性があまり感じられない。第一部、第二部が意味を成してくるのが、佐伯を追う謎の暗殺者集団の登場以降である。

「佐伯はなぜ追われているのか?」「間違い(冤罪)ではないのか?」「信じる」「信じられない」山岳警備隊の仲間たちに芽生える様々な感情を読者も共有しながら、物語は加速していく。

 真実を知ったことで暗殺者集団と対決せざる得ない山岳警備隊員たち。ふりかかる死の危険性。そして雪山の洗礼。命がけで闘う山岳警備隊の男たちの姿に魅了され、胸が熱くなると同時に、”生きる”重みをひしひしと感じさせられる。

 

 映画やドラマなどの映像で山岳を舞台にした作品は迫力がある。文字(本)でもそれに引けを取っていなかったと私は感じた。

 読み終えた後の清々しい疲労感とそして希望を、多くの人にも味わって欲しいと思える作品だった。