読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

もったいなくて使えない!ターバン諭吉が無駄使いを止めてくれるかも。

「ターバン諭吉」を知っていますか?

 「ターバン諭吉」とは1万円札を折ってこのようにしたもののことです。まるで福沢諭吉がターバンを巻いているみたいになるのです。(画像は野口さんも参加!)

 もったない!愛着が湧く!という理由からお札を崩したくなく無駄使いが減るそうです。

 1か月に1人諭吉さんを作るとして、1年で12万!

 「お札を折るなんて…。」と個人的には思う部分もあるのですが、12万の貯金は大きい!やってみる価値はありそうです。

 

 「ターバン諭吉」を持っている人へのインタビューによると『予備のお金』『念のためのお金』としてターバン諭吉を所持しているそうです。さらに「可愛くて使えない」「これしかないと我慢する」という意見もありました。

 衝動買いをしてしまいそうな時の抑止力として活躍してくれそうです。

 

では、折り方をご紹介

<<ターバン野口の折り方>>

諭吉の場合も同様に折ってくださいね!

 STEP1:あごの位置を決める

 

野口さんのあごの部分を基準に、平行に裏におります。このときのラインが最終的なあごのラインを決めることになります。

できるだけあごのギリギリのところで折るようにしましょう。
STEP2:あごのラインに折る

あごのラインに沿って折ります。写真のaのあたりから矢印の部分を基準に折ります。直角二等辺三角形に近い形が裏に折り込まれます。

偉人のフェイスラインを決定する重要な作業です。心して取り組みましょう。
STEP3:右の頬を折る

耳の下あたりから、頬にかけて折っていきます。耳も含めて裏に折ります。ほぼ垂直に折って問題ないでしょう。

ターバンに耳が隠れるので、耳がなくなってもかまいません。思い切って折ってください。
STEP4:ターバンを折り始める

STEP3で折った部分を、5mmくらい残して折り返します。これがターバンになります。

折り返したら、STEP3で折ったエッジに合わせて表に折り返します。裏には5mm分だけ残っている状態なので、開きそうになるかもしれません。

STEP5:左のフェイスラインを整える

左あごに沿って、角度をつけて折ります。裏側に、Nの様な部分が見えるくらいに折ればOKです。

左側のあごのところはシャープに整えましょう。

STEP6:左の頬を折る

野口さんの左の頬に合わせて折ります。ここで野口英世のフェイスラインが決まります。顔と背景の境界線にしっかりとあわせて折りましょう。

ここで野口英世の顔が角ばってしまった場合はやり直しましょう。
STEP7:左から巻くターバンの準備

野口さんを裏返して、折り返します。7mm位残しましょう。

STEP8:左からターバンを巻く

表にして、さらに折り戻します。ターバンらしくなるよう、右側とバランスを見た位置に折りましょう。

野口さんの顔の中心ラインと、白い円の模様が一直線になるように意識しましょう。
STEP9:頭頂部の位置を決める

ターバンが平行になるように、裏に折ります。ターバンが大きくなり過ぎない位置で折りましょう。1.7mm前後の太さにするのが良さそうです。

STEP10:頭頂部を整える

頭のてっぺんが山型になるように、裏側に折り下げます。これでターバンを巻いた野口英世の形が決定します。

STEP11:ターバンが表から見えないようにする

裏返して、裏のはみ出ている部分を細長くたたみます。図のa,bの部分より細くなるように折らないと、表から見えてしまいます。

STEP12:ターバンを固定する

STEP11で折った部分を中に折り込みます。これでターバンを巻き終わりました。 

完成です

作り方はこちらのサイト(https://origami.nanapi.com/ja/5102)からお借りしています。

 

 お金を使わないという抑止力はもちろん、お財布に入れておくと金運UPの効果もあるとか。複雑そうに見えて実は簡単なので、是非試してみてくださいね。