読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

ドッグ・ラン 樋口明雄

「ドッグ・ラン 樋口明雄」の感想

ドッグ・ラン! (講談社文庫)

ドッグ・ラン! (講談社文庫)

 

〈あらすじ〉

 横浜関内で貧乏な探偵稼業を営む鯉沼と鷹羽。酔いつぶれて目が覚めた二人の首には爆弾が巻かれていた。銀行から一千万円強奪しなければ四十八時間で爆発すると脅迫する謎の男。しかたなく銀行を襲った二人は警察とヤクザに追われるはめに。事務所の忠犬マーロー&探偵コンビの痛快大活劇。

 

〈感想・ネタバレ有り〉

 私はよく「おすすめ 本」と検索するのだが、この本『ドッグ・ラン』がヒットしないことが不思議だと感じる程、スリリングで疾走感のある面白い作品だと思った。

 銀行強盗をやらされた後、警察や暴力団から追われながら、事件の真相に迫るサスペンス的な一面と、”くまもん”をめぐって起こるアクション的な展開に魅了され、物語に引き込まれていった。

 

 主人公である鯉沼と鷹羽がユニークで魅力的なキャラクターである、ということはもちろんだが、彼らを取り巻くキャラクター達にも愛着を感じずにはいられない。二人を助けるために奔走するタクシー運転手の鴨下道夫、探偵事務所の一員であり彼らを信じて奮闘する陽子、そして情報屋のラッツ。特に鴨下は物語のほぼ頭から登場し、彼らに献身的に協力し、警察から逃げるシーンではなかなかの男気を見せてくれる。読み進めていくうちに可愛い弟分のように感じてしまったのは私だけではないだろう。

 

 鯉沼と鷹羽が偶然手にしてしまった”くまもん”。これが彼らの激走劇の始まりだった。なんと”くまもん”には裏社会の秘密を暴くマイクロチップが隠されていたのだ。”くまもん”を手にしたことにより2人は裏社会の人間から追われることとなってしまう。

 銀行強盗の罪で警察に追われ、”くまもん”のせいで裏社会の人間に追われる。そんな状況のなかで2人は、首に巻かれた爆弾を解除するために首謀者に繋がろうと奔走する。このスピード感がたまらなくワクワクし、飽きさせるヒマを与えない。

 

 裏社会を描いた作品は以前『グラスホッパー 伊坂幸太郎』でも読んだが、『ドッグ・ラン』の方がよりエンターテインメント性に溢れていて、灰くらいイメージも少ない。私はこちらの作品の方が楽しく読むことができた。

 

arasukkiri.hatenablog.com

  「ドック・ラン」の登場人物たちは皆、男気にあふれている。女性である陽子でさえも強気でナヨナヨするシーンは見られない、カッコいいキャラクターなのだ。忠犬マーローもきちんと役割を持っていて、置物の立ち位置なんかでは決してない。出てくるキャラクターがみんなきちんと機能していてすごく良かったと思う。何より作品のテンポが最後まで失速しなかったのが見事だとおもった。