魔法少女のステッキ

好きなことを好きなだけ。

クジラの彼 有川浩

クジラの彼 有川浩

 

クジラの彼

クジラの彼

 

 

あらすじ

 『元気ですか?浮上したら漁火がきれいだったので送ります』彼からの2か月ぶりのメールはそれだけだった。聡子が出会った冬原は潜水艦(クジラ)乗り。いつ出かけてしまうか、いつ帰ってくるのかわからない。そんなクジラの彼とのレンアイには、いつも7つの海が横たわる…。

 男前でかわいい彼女たちの6つの恋。

  • クジラの彼
  • ロールアウト
  • 国防レンアイ
  • 有能な彼女
  • 脱柵エレジー
  • ファイターパイロットの君

 

 

 

〈感想・ネタバレ有〉

 本作『クジラの彼』は6作の短編小説集で、自衛隊員の、あるいは自衛隊員との恋愛模様が描かれている。どこまで自衛隊員の環境を再現しているかは定かではないが、自衛隊員の生活は知らないことばかりで、とても興味深かった。

 

 「クジラの彼」は潜水艦乗りの彼と、彼を待ち続ける彼女の話である。”潜水艦乗り”の仕事環境を私は知らなかった。知っている人は少ないんじゃないだろうか。一度潜ってしまうと電波が届かないため連絡が取れない。また潜水日程を教えてもらうことが出来ずいつ帰ってくるかわからない。彼を待つ彼女の寂しさについ共感してしまうのは仕方のないことだろう。ただ”待つ”しか出来ないのはなかなかと忍耐力のいることだ。

 彼の仕事の環境上、彼は2人の関係を終わらせる権限を彼女にゆだねている。しかし、彼女はそのことがより不安になるのだ。「あなたは私が待っていなくても平気なの?」と。その後2人の素直な気持ちがぶつかるのだが、そのあとの2人の照れくさい雰囲気は本当に可愛らしい。

 

 「脱柵エレジー」の主人公、清田は自信が新人の頃に色恋沙汰で煩悶した挙句に脱柵を体験したことがある。

 ちなみに”脱柵”とは自衛隊駐屯地や基地から隊員が脱走することを指す隊内用語だという。

 恋人が一般人で自身が自衛隊員である場合、会えない時間の多さや価値観のずれで上手くいかないことが多いようだ。若かれし頃の清田は、隊の規則を破り脱柵し、彼女に会いに行った。いや、彼女のために脱柵した。だが彼女は現れなかった。当時の清田が会いに来なかった彼女に対して内心毒づくのも理解できるし、同時に切ない。「仕事と私(僕)どっちが大事なの?」と相手に求めがちな人にはすごくためになる話だと思うので是非読んでほしい。私もこれを読んで相手を本当に思うことからくる受け答えや在り方を少し学べた気がする。

 

 実は有川浩さんのことをずっと男性だと思っていたんですが、女性作家さんだったんですね。この『クジラの彼』は揺れ動く感情の描写がたくさん出てくるのですが、すごく繊細かつ分かりやすくて、こういう描き方は女性ならではなんじゃないかなと、勝手に思っています。

 『クジラの彼』の作品は仕事を持っている男女が自分たちの置かれている環境の中で上手くやりくりしながら距離をつめていく。それはいたって普通の恋愛の過程なんですが、自衛隊員という設定によって、普通であれば蔑ろにしてしまうけれど本当は大事にしなくちゃいけないことが浮き彫りになるので、しみじみと考えさせられます。あらためて、相手と向き合うことの大切さだったり、相手の気持ちをくみ取る努力の大切さに気付かせてくれる作品だとおもいます。

 

 「ロールアウト」では相手の立場になって考えることを普段意識できていないことを教えられた。他にも胸に響いたセリフがあって

『前日にどんなに喧嘩しても、翌日は笑顔で送り出してくれ。その日の晩に二度と帰ってこないかもしれないのが自衛官だから』(p.269「ファイターパイロットの君」)

なんて切ないセリフなんだろう。自衛官だけでなく誰でも起こりうることだから、この精神を忘れずにいたいと思った。